現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月5日(木)、米国・シカゴ観光局のバイスプレジデント、ブライアン・サイード氏がJATA志村理事長を訪問

2018年7月16日

7月5日(木)、米国・シカゴ観光局のバイスプレジデント、ブライアン・サイード氏がJATA志村理事長を訪問し、観光地としてのシカゴの新しいイメージや観光素材についてお話されました。「シカゴはビジネス・デスティネーションとして知られていますが、レジャー・デスティネーションとしてのインフラを整えています。クルーズ・ツアーやコンサート、文化資源が多様ですから、それらを日本市場でプロモーションをしていきたいと思います。今後、旅行会社に具体的な情報を提供していく予定です」

志村理事長は、「旅行会社を対象に、新しいアトラクションに関する情報を提供していけば、ファミリー層をはじめ、様々な客層を誘致できると思います」と応じました。


  • ブライアン・サイード氏

  • 志村理事長


懇談の様子

Mr. Brian Said、Vice President of Choose Chicago, USA, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on July 5th, Thursday

At the meeting with JATA President Shimura, Mr. Said talked about the new image and tourism resources of Chicago. “Chicago is known as a business destination but we do have the infrastructure and resources to satisfy the demand of leisure visitors, too. Lake/river cruises and concerts are available along with other cultural attractions and we are keen on promoting these resources in the Japanese market. Our intention is to provide detailed information about them to the travel industry.”

“Detailed information about the new attractions of Chicago will help travel agencies create new products which will help attract a wide range of customers”, replied Mr. Shimura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る