現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月4日(火)、英国政府観光庁の中国・北東アジア地区担当ディレクター、マヌエル・アルバレス氏がJATA志村理事長を訪問

2018年9月10日

9月4日(火)、英国政府観光庁の中国・北東アジア地区担当ディレクター、マヌエル・アルバレス氏がJATA志村理事長を訪問し、日本市場におけるPR戦略について意見交換されました。「日本人の海外旅行は拡大傾向にあるので、英国への観光客数の増加が期待できます。日本市場の特徴に基づいた新しいマーケティング戦略を実行していきたいと思います」

志村理事長は「日本の人口は高齢化によって、シニア層が拡大する一方、ミレニアル・ポストミレニアル世代でも海外旅行意欲が高まっています。海外の市場と異なりますが、日本ではパッケージツアーでも、FIT商品においても、旅行会社がメインステークホルダーになっています。今後、BtoBtoCプロモーションを進めていけば観光客の増加に繋がるでしょう」と応じました。


  • 志村理事長

  • マヌエル・アルバレス氏


懇談の様子

Mr. Manuel Alvares, Visit Britain, China and North East Asia Regional Director, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on September 4th, Tuesday

During his visit, Mr. Alvares exchanged opinions about travel promotion based on the specific features of the Japanese market. “The Japanese outbound travel is growing and we can expect an increase in the number of visitors to the United Kingdom. I believe that we need to create and implement a marketing strategy which is based on the specific features and requirements of the Japanese overseas travel market.”

“While the senior segment expands, there is also an increased interest in overseas travel shown by the millennials and post-millennials. Unlike other foreign markets, the Japanese travel agencies are still the main stakeholders both in the package tour and FIT travel in Japan. If you implement a BtoBtoC promotion strategy, you can expect a substantial increase in the number of leisure visitors from Japan”, said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る