現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月13日(木)、駐日イラン・イスラム共和国特命全権大使のモルテザ・ラフマーニモヴァンヘッド閣下がJATA志村理事長を訪問

2018年9月17日

9月13日(木)、駐日イラン・イスラム共和国特命全権大使のモルテザ・ラフマーニモヴァッヘッド閣下がJATA志村理事長を訪問し、2019年における国交樹立90周年に向けて、大使館が企画するイベントについてお話されました。「イランは、多様な観光資源に恵まれており、観光地としてのポテンシャルを日本市場に紹介していきたいと思います。2019年の後半にイランのスペシャルイベントを企画しています」

志村理事長は、「新しく世界遺産として登録されたヤザドやカナトに関する情報が少ないので、認知度を高めるためにセミナーやPRイベント開催が重要です。また、ツーリズムEXPOジャパン2019が来援10月に大阪で開催されるので、国交樹立90周年のイベントに加えて、こちらにもご参加していただければPR効果が高まります」と応じました。


  • 志村理事長(向かって左)と飯田海外旅行推進部担当副部長

  • モルテザ・ラフマーニモヴァッヘッド閣下


懇談の様子

H. E. Mr. Morteza RAHMANI MOVAHED, Ambassador of the Islamic Republic of Iran in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on September 13th, Thursday

During the visit, H.E. Mr. Rahmani Movahed shared information about the special events his embassy is planning on the occasion of the 90th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Iran and Japan. “Iran is rich in tourism resources and our mission is to introduce these resources to the Japanese market. On the occasion of the diplomatic relations anniversary in 2019, we are planning special events in the second part of 2019.”

Mr. Shimura replied that there is still little information about the Iranian world heritage sites which have been listed with UNESCO in recent years. “Seminars and other promotional activities are instrumental in improving the public and industry’s recognition of such travel resources. Tourism EXPO Japan 2019 will be held in Osaka next year and Iran’s presence as an exhibitor will further increase the effect of the promotional events you are planning on the occasion of the 90th anniversary of diplomatic relations.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る