現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月17日(水)、米国・グレーターオーランド空港公団の会長
フランク・クルッペンバッハー氏がJATA志村理事長を訪問

2018年11月5日

10月17日(水)、米国・グレーターオーランド空港公団の会長フランク・クルッペンバッハー氏がJATA志村理事長を訪問し、設備の拡大、日本への直行便についてお話されました。「利用者数の拡大を図り、新しいターミナルを建設しています。フロリダ州は日本インバウンドソースマーケットとしてポテンシャルが高いと考え、直行便の就航について日本の航空会社と交渉を行っています」

志村理事長は、「日本のキャリアはビジネスマーケットをターゲットにしているので、オーランドへのビジネス旅行者が多ければ直行便の就航に関心を示すかも知れません。また、入国手続きがよりスムーズになったら、オーランド空港を利用するお客様が増えるでしょう」とアドバイスを寄せられました。


  • 志村理事長

  • フランク・クルッペンバッハー氏(左)


懇談の様子

Mr. Frank Kruppenbacher, Chairman of the Board, Greater Orlando Aviation Authority, Phillip N. Brown, CEO, and Ms. Victoria Jaramillo, Sr. Director, Marketing and Air Service Development, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on October 17th, Wednesday

During the visit, Mr. Kruppenbacher talked about the construction of the Orlando Airport, new face recognition technology and direct flights to Japan. “We believe that the state of Florida is a strong potential market for travel to Japan and have been in talks with Japanese carriers about the launch of direct flights to Orlando.”

“Japanese carriers target business travelers. If there is a steady business-oriented customer flow they might consider the opening of flights to Orlando. In addition, if immigration procedures are simplified, customers traveling to other parts of the USA or South American destinations via Orlando are likely to increase”, commented Mr. Shimura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る