現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

11月1日(木)、モンテネグロ外務大臣スルジャン・ダルマノビッチ氏がJATA志村理事長を訪問

2018年11月12日

11月1日(木)、モンテネグロ外務大臣スルジャン・ダルマノビッチ氏がJATA志村理事長を訪問し、モンテネグロの経済発展と観光開発について話されました。「モンテネグロは安定した投資環境を作り上げており、西バルカン半島では海外投資がもっとも多い国です。外国人の観光客は毎年増加しています。日本からの渡航者数も増加させていきたいと思います」

志村理事長は、「日本人の観光客を増やす為、先ずはモンテネグロの認知度の向上に取り組んでいただきたい。旅行業界や一般のお客様を対象に、継続的に促進活動を展開していけば、モンテネグロの世界遺産、食べ物、文化遺産などに対する関心が高まるでしょう」と応じました。


  • スルジャン・ダルマノビッチ氏(向かって右)

  • 志村理事長


懇談の様子

Dr. Srdjan Darmanovic, Minister of Foreign Affairs of Montenegro, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on November 1st, Thursday

During his visit, Dr. Darmanovic talked about the steady economic growth and travel and tourism development in Montenegro. “The government has created a stable environment for investment and as a result Montenegro is the largest receiver of foreign investments in the West Balkans. Montenegro is endowed with a great variety of tourism resources. The number of foreign visitors has been on the increase for the past several years and we are looking into ways to facilitate the growth of Japanese tourists.”

“In order to increase the number of Japanese visitors, you need to improve the recognition of Montenegro as a travel destination in Japan. A strong physical presence in Japan and consistent promotion targeting both the travel industry and the general public will be beneficial in making the public aware of the world heritage, culture and cuisine of your country”, said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る