現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

11月7日(水)、南アフリカ観光局リージョナル・ジェネラルマネージャー:
アジア/オーストラレーシア/中近東のハネリ・スラバー氏がJATA田川会長を訪問

2018年11月12日

11月7日(水)、南アフリカ観光局リージョナル・ジェネラルマネージャー:アジア/オーストラレーシア/中近東のハネリ・スラバー氏がJATA田川会長を訪問し、2国間の観光交流について意見交換されました。「ラグビーワールドカップ2019を機会に、両国間の観光交流を拡大したい。また、日本のFIT市場にも参入する為のアプローチについてアドバイスをいただければと思います」

田川会長は、「南アフリカは安全であり、多様な観光資源に恵まれていますが、日本人のイメージは『不安定、危ない』とまだ昔のままです。そのイメージを払拭するには、ラグビーワールドカップ2019は最高の機会であると思います。南アフリカ・チームの試合の前後に積極的に貴国の美しい風景、文化遺産、食文化といった観光資源をPRしていけば、既存のイメージが改善できるので、是非そのチャンスを使ってください」とアドバイスを寄せられました。


  • ハネリ・スラバー氏

  • 志村理事長


懇談の様子

Ms. Hanneli Slabber, South African Tourism, Regional General Manager, Asia/Australasia/Middle East, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on November 7th, Wednesday

At the meeting with Mr. Tagawa, Ms. Slabber talked about the bilateral exchange and the Rugby World Cup 2019 as a chance to expand travel between the two countries. “We would like to expand our FIT customer base and would appreciate your advice.”

“While South Africa is a safe destination with a great variety of tourism resources, many Japanese still think of it as one of the “dangerous and politically and socially unstable” countries in Africa. In order to improve this image, I encourage you to use the opportunity and acquaint the Japanese public with the history, culture and nature of South Africa by advertising the destination during the Rugby World Cup 2019. TV programs before or after the games of the South African team would be instrumental in projecting a strong positive image in Japan”, said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る