現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

11月27日(火)、インドネシア・モロタイ島・経済特区開発会社CEZ Developerの取締役バスリ・プルナマ氏がJATA本部を訪問

2018年12月3日

11月27日(火)、インドネシア・モロタイ島・経済特区開発会社CEZ Developerの取締役バスリ・プルナマ氏がJATA本部を訪問し、モロタイ島の開発に関する情報を提供しました。「モロタイ島は美しい自然や心の温かい住民に恵まれており、今後経済特区として開発していく上で、投資していただく企業に免税システムを始め、様々な投資を喚起する手段を提供できます」

越智事務局長は、「日本の旅行業界にモロタイ島の観光資源をアピールするのが最初の一歩なので、旅行関係のメディアと連携して、モロタイ島の魅力を旅行会社に紹介していけばよいと思います」とアドバイスを寄せられました。


  • バスリ・プルナマ氏

  • 越智事務局長


懇談の様子

Mr. Basiri Purnama, CEO of SEZ Developer, Morotai Island, Indonesia, visited the Headquarters of JATA on November 27th, Tuesday

During his visit, Mr. Purnama revealed plans for the development of Morotai Island as a special economic zone. “Morotai is blessed with pristine nature and friendly people. We are currently offering special stimuli for investors who can help us develop the island. The stimuli include tax exemption or tax reduction but we can offer a number of other benefits as well.”

Mr. Ochi, Secretary General of JATA, replied that, as a first step of entering the Japanese market, the travel resources of Morotai should be promoted to the travel industry. “Working with travel media will help you promote Morotai Island as a travel destination in Japan”, said Mr. Purnama.

このページの先頭へ戻る