現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月11日(火)、ドバイ政府観光局のCEOイッサム・カズィム氏がJATA田川会長を訪問

2018年12月17日

12月11日(火)、ドバイ政府観光局のCEOイッサム・カズィム氏がJATA田川会長を訪問し、日本市場における観光促進活動の強化について意見交換されました。「ドバイでは宿泊施設やアトラクションの多様化を進めておりますので、日本人のお客様の増加に繋がるPRキャンペーンを展開していきます」

田川会長は、「ドバイは高級で高価格なビーチリゾートのイメージが強いので、多様化された観光素材やお値ごろな宿泊施設やアトラクションのPRが必要です。先ずは、旅行会社に最新情報の提供とファミリーや若者層を対象にしたBtoC促進を展開していけば、ドバイへの日本人観光客が増えるでしょう」とアドバイスを寄せられました。


  • 田川博己会長

  • イッサム・カズィム氏


懇談の様子

Mr. Issam Kazim, CEO, Dubai Corporation for Tourism and Commerce Marketing, visited Mr. Tagawa, Chairman of JATA, on December 11th, Tuesday

During the meeting, Mr. Issam Kazim talked about strengthening Dubai’s promotional activities in Japan. “The government of Dubai has diversified the accommodation facilities and tourist attractions so we are keen on promoting our destination and increasing the number of Japanese visitors.”

“In Japan, people think of Dubai as an expensive, high end destination. It is important that you change this image through consistent promotion. Informing travel agencies about the available infrastructure and resources as well as BtoC campaigns targeting the youth and family markets will help you expand your reach into the market”, said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る