現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月12日(水)、ロイヤルカリビアンクルーズ社の副会長アダム・ゴールドシュタイン氏とバイス・プレジデントのウッコ・メツォラ氏がJATA田川会長を訪問

2018年12月17日

12月12日(水)、ロイヤルカリビアンクルーズ社の副会長アダム・ゴールドシュタイン氏とバイス・プレジデントのウッコ・メツォラ氏がJATA田川会長を訪問し、日本や中国の市場拡を狙ったチャレンジについてお話されました。「日本ではクルーズのお客様が比較的少ないので、今後、中国やアジアのお客様と共に日本人のクルーズ旅行者を増やしたい」

田川会長は、「クルーズ旅行は高価だと思われています。ただ、これから寄港地のインフラ整備が進むので、日本はソースマーケットだけではなく、目的地としても、宣伝していけばよいでしょう。クルーズの愉しみ方やツアーの多様性などを促進していけば、クルーズ旅行者が増えるでしょう」とコメントされました。


  • アダム・ゴールドシュタイン氏(向かって左)とウッコ・メツォラ氏

  • 田川会長(向かって左)と志村理事長


懇談の様子

Mr. Adam Goldstein, Vice Chairman of Royal Caribbean Cruises, and Mr. Ukko Metsola, Vice President Government Relations, Europe & Asia-Pacific, visited Mr.Tagawa, Chairman of JATA, on December 12th, Wednesday

At the meeting with Mr. Tagawa, Mr. Goldstein and Mr. Metsola revealed the challenges of expanding the company’s share at the Japanese and Chinese markets. “Japanese cruise-goers are still relatively few and our goal is to increase their number while serving cruise visitors to Japan, too.”

“Cruise packages are perceived as luxury travel by the Japanese public. The Japanese government and local authorities have been improving the infrastructure of regional ports and promotion in the Japanese market as well as of JAPAN as a cruise destination will be crucial for expanding the two-way cruise travel. Educating people how to enjoy cruise travel will result in a growing number of cruise-travelers”, commented Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る