現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月1日(金)、フランス観光開発機構(アトゥー・フランス)の日本代表フレデリック・マゼンク氏が新副代表のジャン=クリストフ・アラン氏とJATA本部を訪問

2019年2月11日

2月1日(金)、フランス観光開発機構(アトゥー・フランス)の日本代表フレデリック・マゼンク氏が新しく就任された副代表のジャン=クリストフ・アラン氏とJATA本部を訪問し、来年度促進するフランス国内の観光地について意見交換されました。「日本人の観光客が増えていますが、新しいデスティネーションを開発し、提供していきたいと思います」

越智事務局長は、「JATAは、今後の促進活動に大きな期待していますので、是非とも、力を合わせてフランス、そしてヨーロッパ全体の観光需要を拡大したい」とコメントしました。


  • JATA志村理事長(向かって右)、越智事務局長

  • フレデリック・マゼンク氏(向かって右)、ジャン=クリストフ・アラン氏

Mr. Frederic Mazenq, Director, Japan & Coordinator, Asia Pacific, Middle-East and Africa, Atout France, visited the Head Quarters of JATA with his new Deputy Director Mr. Jean-Christophe Harrang on February 1st, Friday

During the visit, Mr. Mazenq introduced his new deputy director Jean-Christophe Harrang and shared opinions about the destinations Atout France will promote during the coming fiscal year (April-March). “As the number of Japanese visitors is on the increase again, we are looking into what new destinations to offer to the Japanese market.”

Mr. Ochi, Secretary General and Director of the Board of JATA, emphasized the high expectations JATA and its members have of Atout France’s travel promotion and expressed readiness to work in collaboration with Atout France for the further increase of Japanese tourists both to France and Europe as a whole.


懇談の様子

このページの先頭へ戻る