現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月20日(水)、ポーランド、ヴロツラフ副市長のヤコブ・マズル氏が
JATA志村理事長を訪問

2019年2月25日

2月20日(水)、ポーランド、ヴロツラフ副市長のヤコブ・マズル氏がJATA志村理事長を訪問し、ヴロツラフ市の魅力について意見交換されました。「2016年の欧州文化首都に選ばれたヴロツラフは世界遺産や文化遺跡に加えて、季節感のあるイベントも多く、最近では『小人探し』と言うアトラクションの人気が出ており、街の様々なアトラクションが楽しめます。ヴロツラフでの滞在日数を増やす為に、日本人のお客様向けの特別な日程が提供できます」

志村理事長は、「日本で認知度を高めるため、メディアを通じて、プロモーションをすると共に、旅行業界向けのFAMツアーやセミナーを実施していけば観光客が増えるでしょう」と応じられました。


  • ヤコブ・マズル氏

  • JATA志村理事長(向かって左)、
    保坂海外旅行推進部担当部長(向かって右)


懇談の様子

Mr. Jakub Mazur, Deputy Mayor of the City of Wroclaw, Poland, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on February 20th, Wednesday

At the meeting with Mr. Shimura, Mr. Mazur shared ideas about the attractions of Wroclaw which was one of the two European Capitals of Culture in 2016. “The city has become well known for the multitude of music, culinary and other cultural events which present its charms through the seasons. Recently, photo-hunting of legendary dwarf statutes has garnered the attention of both locals and visitors from all parts of the world. The municipality of Wroclaw can offer itineraries which match the needs of the Japanese market.”

Mr. Shimura commented that seminars and familiarization tours along with media publications would help to further improve the recognition of Wroclaw as a travel destination in Japan and increase the number of Japanese visitors to the city.


記念撮影

このページの先頭へ戻る