現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月25日(月)、クロアチア副首相兼外務大臣マリヤ・ペイチノビチ・ブリチ氏がJATA田川会長を訪問

2019年4月8日

3月25日(月)、クロアチア副首相と外務大臣を兼任されるマリヤ・ペイチノビチ・ブリチ氏がJATA田川会長を訪問し、2国間関係の強化についてお話されました。「クロアチアは、観光資源が多種多様ですので、日本市場における新しいツアーが提供できます。現在は旅行会社のチャーター便利用が多いですが、直行定期便の運航を開始させれば、観光客が更に増えるでしょう」

田川会長は、「まだ紹介されていない文化遺産や観光スポットの情報を積極的に旅行会社に提供していけば、クロアチア・ツアーの増加、観光客数の拡大に繋がるでしょう。地方の祭りや食など、テーマ性のあるツアー商品を提供することによって、クロアチアのファンがより増えると思います」とアドバイスを寄せられました。


  • マリヤ・ペイチノビチ・ブリチ氏(向かって右)

  • 田川会長


懇談の様子

Deputy Prime Minister and Minister of Foreign and European Affairs of the Republic of Croatia, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on March 25th, Monday

During the meeting with Mr. Tagawa, emphasized the importance of strong bilateral relations. “Croatia is endowed with a great variety of tourist resources and we can offer unique experiences for new tour products. At present, many Japanese visitors arrive o charter flights but we are confident that the number will grow further if we manage to open direct flights from and to Japan.”

“Offering detailed information about new tourist attractions to travel agencies on a regular basis will result in an increased number of visitors. Theme-based tours introducing local festivals and traditional cuisine will increase the number of Croatian fans in Japan,” said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る