現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月27日(水)、トルクメニスタン共和国、航空局の局長D.サブロヴ氏がJATA志村理事長を訪問

2019年4月8日

3月27日(水)、トルクメニスタン共和国、航空局の局長D.サブロヴ氏がJATA志村理事長を訪問し、2国間の直行便の運航についてお話されました。「直行便が運航できれば日本からトルクメニスタン経由でヨーロッパや中近東にもアクセスしやすくなります。2国間双方向のお客様の増加の為にも、今後直行便の運航が可能な環境をつくりたいと思いますので、JATAからのアドバイスをいただきたい」と要望されました。

志村理事長は、「直行便は各地域へ運航しやすいと思いますが、先ずは2国間の交流を拡大させることが重要だと思われます。双方向に観光客を増やすために、ビザ取得の手続き緩和をご検討いただければと思います。また、日本市場でトルクメニスタンを様々にアピールすることが重要なので、旅行会社や一般の消費者を対象に観光促進を行うことで、観光客が増えると思います」と応じました。


  • D.サブロヴ氏

  • 志村理事長


懇談の様子

Mr. D. Saburov, Chairman, Turkmenairlines Agency, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on March 278th, Wednesday

At the meeting with Mr. Shibata, Mr. Saburov shared opinions about the possibility and necessity of direct flights between Turkmenistan and Japan. “Direct flights would allow many travelers to access Europe and the Middle East via Turkmenistan. Also, we expect that creating an environment which facilitates the operation of direct flights will have a positive effect on the number exchange visitors. Your advice would be greatly appreciated”

“It might be easier to operate direct flights to some of the Japanese regional airports. However, in order to ensure profitable operations from the beginning, the number of exchange visitors should be large enough. Easing visa procedures usually results in an increase in the number of visitors. However, it is also important to conduct promotional activities in Japan targeting both the travel industry and the general public,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る