現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月10日(水)、カザフスタンSCAT航空の副社長ウラディミール・スィトニック氏がJATA志村理事長を訪問

2019年4月15日

4月10日(水)、カザフスタンSCAT航空の副社長ウラディミール・スィトニック氏がJATA志村理事長を訪問し、日本・カザフスタン間の直行便の運航について意見交換されました。「週2便の運航を考えています。 観光交流の拡大にも取り組んでいきたいと思うので、日本市場のノウハウをいただきたい」と要請されました。

志村理事長は、「直行便については、日本各地域へのチャーターフライトでも運航していけばよいかもしれません。日本ではカザフスタンの認知度がまだそれほど高くないので、日本の旅行業界と共に一般のお客様も対象に、促進活動を行っていけば観光客数の増加に繋がると思います」と応じられました。


  • 志村理事長

  • ウラディミール・スィトニック氏


懇談の様子

Mr. Vladimir Sytnik, Vice President, SCAT Airlines, Kazakhstan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on April 10th, Wednesday

At the meeting with Mr. Shimura, Mr. Sytnik expressed determination for launching direct flights between Kazakhstan and Japan by the end of this year. “We are currently considering 2 flights per week. We intend to work on expanding the exchange between the two countries and will rely on the advice of JATA regarding the trends in the Japanese overseas travel.”


  • 志村理事長を中心に、JATA担当者

  • カザフスタンSCAT航空、関係者の皆さん

Mr. Shimura commented that it might be beneficial to operate charter flights to Japanese regional airports as well. “The recognition of Kazakhstan as a travel destination in Japan is still rather low so you need to conduct promotional activities targeting both the travel industry and the general public. Continuous promotion is expected to result in an increased number of Japanese visitors,” advised Mr. Shimura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る