現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月24日(水)、2018年10月に着任された在日タジキスタン大使館の
ジャロロフ大使がJATA志村理事長を訪問

2019年5月13日

4月24日(水)、2018年10月に着任された在日タジキスタン大使館のジャロロフ大使がJATA志村理事長を訪問し、今後の日本からのツアー客の拡大について話をされました。日本からの観光客はまだ少なく、その数を伸ばすためのPR活動に関する協力を要請され、「アウトバウンド促進協議会に今回加盟したので、他の中央アジア諸国と一緒にこのエリアへの旅客数の拡大を進めていきたい」とのコメントがありました。

志村理事長は「現在は渡航日本人の数が少ないが、それだけポテンシャルもあるので日本人に見合ったようなテーマを選び、まずは旅行会社に向けてデスティネーションセミナーやFAMツアーの実施、ツーリズムEXPOジャパンにおける商談会やマーケットへのアピール、そして日本語ウェブサイトなどによる情報提供を進めていただくと効果的です。」とアドバイスを寄せました。


【補足】
現地は仏教関係の遺跡も多く、日本人にはアピールできること、査証手続きについては、個人的には一定期間の訪問者には緩和したいと考えています。JATAからは昨年6月に危険情報が下がったので、ツアーに取り組む旅行会社が増えることが期待されることなどがトピックとしてあがりました。


  • 在日タジキスタン大使館のジャロロフ大使

  • 志村理事長


懇談の様子

H. E. Mr. Mirzosharif Jalolov, Ambassador of the Republic of Tajikistan in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on April 24th, Wednesday

During the visit, Ambassador Jalolov discussed possibilities and opportunities for the expansion of Japanese tours to Tajikistan. He called from support from the Japanese side and said that after joining the Japan Outbound Tourism Council (JOTC), the embassy would work hard and collaborate with other countries to increase the number of Japanese visitors to Central Asia.

“Though the number of Japanese tourists is small at present, the country has a great potential to develop into a popular destination. Choosing a theme which resonates positively with the Japanese market and promoting Tajikistan through BtoB seminars and familiarization tours would bring positive results. Participation in the business meeting during Tourism EXPO Japan and offering up-to-date information through a Japanese-language site would also help you deepen the interest in Tajikistan as a travel destination in the Japanese market,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る