現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月18日(火)、アルバニア政府観光局の局長コルネリア・フェリザージュ氏と
アルバニア特命全権大使ジェルジ・テネケチェジウ閣下がJATA志村理事長を訪問

2019年6月24日

6月18日(火)、アルバニア政府観光局の局長コルネリア・フェリザージュ氏とアルバニア特命全権大使ジェルジ・テネケチェジウ閣下がJATA志村理事長を訪問し、デスティネーション開発戦略について意見交換されました。「ここ数年は、マリオットやヒルトンなどのホテルグループがアルバニアに投資し、4星や5星のホテルが増えています。世界遺産に加えて、バードウォッチングやアウトドア体験が豊富なツアーを提供できます。日本の旅行業界を対象にセミナーや研修旅行を実施していきたいと思います」

志村理事長は、「日本市場を対象にPR活動を図るなら、ターゲットセグメントを定めて、そこに向けて観光促進を展開していけばよいでしょう」とアドバイスされました。


  • JATAt志村理事長(向かって左)と保坂海外旅行推進副部長

  • アルバニアのコルネリア・フェリザージュ氏(向かって右)と
    ジェルジ・テネケチェジウ閣下


懇談の様子

Ms. Kornelia Ferizaj, General Director, National Tourism Agency of Albania, and H.E. Mr. Gjergj Teneqexhiu, Ambassador of Albania in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on June 18th, Tuesday

At the meeting, Ms. Ferizaj and H.E. Mr. Teneqexhiu introduced the tourism development strategy of the Albanian government and the potential of offering a variety of tour products to the Japanese market. “International hotel chains have invested in Albania and the number of 4- and 5-star hotels is increasing. In addition to tours to world heritage sites we can offer a range of bird-watching and other outdoor activity tours. We are ready to discuss opportunities for familiarization tours and seminars targeting the travel industry.”

Mr. Shimura advised that it is important to determine the target market segments and align all promotional activities with the expectations and specific needs of these segments.


記念撮影

このページの先頭へ戻る