現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月4日(木)、トルコのガジアンテップ市長ファトマ・シャヒン氏がJATA菊間副会長を訪問

2019年7月15日

7月4日(木)、トルコのガジアンテップ市長ファトマ・シャヒン氏がJATA菊間副会長を訪問され、ガジアンテップ市への日本人観光客増加について意見を求められました。「ガジアンテップには、古代遺跡、歴史、文化、食など、多様な観光資源が豊富であり、近年は日本市場に需要にあった宿泊施設も増えています。安全面でも安心して観光できる街なので、欧州からの観光客数は回復傾向にあります。日本からのお客様を増やすには、必要なシステムや働きかけは何でしょうか」

菊間福会長は「現在、外務省が発出する危険情報はレベル2になっていますが、日本の旅行業界は危険度の引き下げを心待ちにしています。トルコ航空が関西ルートの定期直行便を再運航するので、危険度が引き下げられたら日本からの観光客が一気に増えると思います」と応じられました。


  • JATA菊間副会長

  • ファトマ・シャヒン氏

  • 懇談の様子

  • トルコの記念品をいただきました

Mrs. Fatma Sakin, Mayor of the City of Gaziantep, visited Mr. Jungo Kikuma, Vice Chairman of JATA, on July 4th, Thursday

At the meeting with Mr. Kikuma, Mrs. Sahin sought opinions about increasing the number of Japanese visitors to Gaziantep. “Gaziantep boasts ancient monuments, long history, rich culture and traditional cuisine. Nowadays, the city also offers a wide variety of accommodation facilities. The city is safe to visit and the European tourists are gradually coming back. We would like to know what steps will lead us to the increase in Japanese visitors.”

“At present the travel advisory stands at level two making it difficult for travel agencies to offer tours to Gaziantep. Turkish Airlines’ is going to resume its direct flights to Kansai International Airport and we expect the number of Japanese visitors to Ganziantep to grow as soon as the travel warnings are lifted,” said Mr. Kikuma in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る