現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月8日(月)、カナダ・ケベック州政府観光大臣カロリーヌ・プル氏が
JATA志村理事長を訪問

2019年7月22日

7月8日(月)、カナダ・ケベック州政府観光大臣カロリーヌ・プル氏がJATA志村理事長を訪問し、観光地としてのケベック州のPRについて意見交換されました。「ケベックではグルメ、文化、アウトドア会場で行われるライブなど、ユニークな体験を提供しており、州内での平均滞在日数の延長を期待しています」

志村理事長は、「モントリオール行の直行便が就航しており、日本からの訪問者の増加に繋がるでしょう。海外旅行市場をリードしている客層の一つであるシニア層へアピールしていけば、日本からの観光客が増えるでしょう。紅葉シーズン以外にケベックでできる体験の最新情報を旅行会社に提供していけば、新しいツアー商品が提供できます」とコメントされました。


  • カロリーヌ・プル氏

  • JATA志村理事長

  • 懇談の様子

  • 記念品をいただきました

Ms. Caroline Proulx, Minister of Tourism, Government of Quebec, Canada, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on July 8th, Monday

At the meeting with Mr. Shimura, Ms. Proulx discussed promoting Quebec as a travel destination in the Japanese market. “In the Quebec and Montreal, we have designated chefs who work to make the food experience of our visitors exceptional. Cultural events and outdoor venues contribute to the unique experience of our visitors and we expect that this will help to expand the average stay per visitor in the province.”

“The direct flights to Montreal will facilitate the increase of Japanese visitors to Quebec. Detailed information about events and experiences in spring, summer and winter will help travel agencies create new tours and increase the number of their customers traveling to the province,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る