現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月30日(火)、駐日レバノン特命全権大使ニダル・ヤヒヤー閣下がJATA志村理事長を訪問

2019年8月5日

7月30日(火)、駐日レバノン特命全権大使ニダル・ヤヒヤー閣下がJATA志村理事長を訪問し、レバノンの歴史や現在の社会情勢について説明されました。「レバノンは、世界の中でもっとも歴史の古い文明の発祥地であり、観光資源が多いので、日本人のお客様の数を増やしていきたい。そのため、旅行会社や日本市場へのアプローチについて、情報をいただければ」とアドバイスを求められました。

志村理事長は、「日本市場では、文化、歴史等に関心を持っているシニア層は旅行会社を利用して海外旅行をします。危険情報のレベルが引き下げられたら、旅行会社がツアー商品をつくり始めるでしょう。『レバノンは危ない』というイメージを変えるために、旅行会社を対象にセミナーを開催し、メデイア向けのFAMツアーを実施すれば良いと思います」と応じられました。


  • JATA志村理事長

  • レバノンのニダル・ヤヒヤー閣下(向かって左)


懇談の様子

MH.E. Mr. Nidal Yehya, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Lebanon, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on July 30th, Tuesday

During the visit, H.E. Mr. Yehya talked about the history and political and social situation in Lebanon. "As the land of the oldest civilization in the world, Lebanon is rich in cultural and historical resources. We would like to know the best way to collaborate with the Japanese travel industry so that we can see the number of Japanese visitors grow.”

Mr. Shimura said that senior customers, who are interested in history and culture, travel overseas on package tours created by travel agencies. They are also very sensitive in terms of safety. Once the travel advisory is lowered to level 1 travel agencies will be able to create and offer package tours to Lebanon”, said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る