現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月31日(水)、フィジー航空のチーフコマーシャルオフィサー、マーク・キャバリエ氏とフィジー政府観光局の局長マテュー・ストーケイ氏がJATA田川会長を訪問

2019年8月12日

7月31日(水)、フィジー航空のチーフコマーシャルオフィサー、マーク・キャバリエ氏とフィジー政府観光局の局長マテュー・ストーケイ氏がJATA田川会長を訪問し、マーケットの構築や日本市場における観光促進について意見交換されました。「直行便開設に当たって、観光促進に積極的に努めていきたいと思います。需要を拡大できれば、直行便の便数も増やすことができます」

田川会長は、「リゾートのイメージが浸透していますが、加えてフィジーでできるユニークな体験をPRし、ブランディングをしていけば良いと考えます」とアドバイスを寄せられました。


  • マーク・キャバリエ氏

  • JATA田川会長

  • フィジー航空、フィジー政府観光局の皆さん

  • 向かって左より越智事務局長、田川会長、志村理事長


懇談の様子

Mr. Marc C. Cavaliere、Chief Commercial Officer, Fiji Airways and Mr. Mathew Stoeckel, Chief Executive Officer, Tourism Fiji, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on July 31st, Wednesday

At the meeting with Chairman Tagawa, Mr. Cavaliere and Mr. Stoeckel discussed the structure of the market and different approaches to travel promotion. “With the resumption of direct flights to Narita, we are keen on coming back to the market with strong promotional activities. The increased demand for travel to Fiji will create a favorable environment for an increase of the number of direct flights.”

Mr. Tagawa commented that while Fiji is well known as a resort destination, it is important to promote experiences which are unique to the islands. “This will create a strong brand and strengthen your presence in the Japanese market,” Mr. Tagawa said in conclusion.


記念撮影

このページの先頭へ戻る