現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

8月19日(月)、駐日エジプト特命全権大使アイマン・アリ・カーメル閣下とエジプト航空日本・韓国地区支社長モハンマッド・ファラハト氏がJATA志村理事長を訪問

2019年8月26日

8月19日(月)、駐日エジプト特命全権大使アイマン・アリ・カーメル閣下とエジプト航空日本・韓国地区支社長モハンマッド・ファラハト氏がJATA志村理事長を訪問し、2国間の直行便の増便と観光促進についてお話されました。「エジプトの社会情勢が安定してきたので、日本市場での観光促進を強めていきたいと思います。2019年12月より、成田発着の便が週3便に増えるので、これからもJATAと協力し、旅行会社との関係を更に強化していきたい」

志村理事長は「直行便の増便とエジプトに関する外務省の危険情報の引き下げは、ツアー商品の増加に繋がるでしょう。今後、ツーリズムEXPOジャパン出展も含めて、旅行会社や一般消費者を対象にPR活動を展開していけば、日本人観光客は増加するでしょう」と話されました。


  • エジプトのアイマン・アリ・カーメル閣下(向かって右)

  • JATA志村理事長


懇談の様子

H.E. Mr. Ayman Aly Kamel, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Egypt in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on August 19th, Monday

During the visit, H.E. Mr. Kamel talked about the increase in direct flights between Japan and Egypt and strengthening Egypt’s presence in the Japanese market. “The social landscape in Egypt is safe and stable. The embassy will work to rebuild our presence in the Japanese market. In December this year, Egypt Air will increase its flights to Narita to three flights a week. We will work to further expand our business partnership with JATA and its member companies.”

“The increase in direct flights and a downgrading of MOFA’s travel advisory will facilitate the increase of tour packages to Egypt. In addition to exhibiting at Tourism EXPO Japan, promoting to both travel agencies and the general public will result in a larger number of visitors,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る