現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

8月22日(木)、北マリアナ諸島自治連邦区の副知事アーノルド・パラシオス氏がJATA本部を訪問

2019年9月2日

8月22日(木)、北マリアナ諸島自治連邦区の副知事アーノルド・パラシオス氏がJATA本部を訪問し、日本と北マリアナ諸島間の直行便の再就航や新しいブランディング戦略について意見交換されました。「2019年10月より、直行便が就航するので、日本からの観光客を増やすために、より積極的なプロモーションを展開していきたいと思います。また、JOTCの事業の一つである枠組みで行われている『ハタチの一歩』に協力させていただきたい」と述べられました。

JATAの権田海外旅行推進部長は、「北マリアナ諸島は3時間でアクセスできるので、F1やファミリー層を対象に、安全性の高いウィークエンド・デスティネーションや海洋リゾートとしてのイメージを促進していけば、日本人の観光客がより増えるでしょう」と意見を交わされました。


  • アーノルド・パラシオス氏

  • JATA権田海外旅行推進部長


懇談の様子

Mr. Arnold Palacios, of the Northern Mariana Islands, USA, visited the Headquarters of JATA on August 22nd, Thursday

During the visit, Lieutenant Governor Palacios talked about the resumption of direct flights between Japan and Saipan and the new global branding strategy of the North Marianas. “Skymark Airlines will launch direct flights in October. In order to increase the number of Japanese visitors, we intend to enhance our promotional activities and participate in the “My First Overseas Experience at 20” project run within the frame of JOTC.”

“North Mariana Islands are situated at a three-hour flight from Japan. Promoting the the islands as a safe weekend destination to working women and resort destination to the family market will result in an even larger number of Japanese visitors,” said Mr. Gonda, General Director of the Outbound Travel Promotion Division.


記念撮影

このページの先頭へ戻る