現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月30日(月)、タイ国政府観光庁東京事務所所長セークサン・スイープライワン氏が就任挨拶のため、JATA田川会長を訪問

2019年10月7日

9月30日(月)、タイ国政府観光庁東京事務所所長セークサン・スイープライワン氏が就任挨拶のため、JATA田川会長を訪問し、日本市場を対象にしたタイ国の観光促進戦略について意見交換されました。「日本人のお客様に更に長く滞在していただくため、ロングステイのプログラムに力を入れていきたいと考えます。また、ワーケーション(ワーク+バケーション)パッケージづくりとともに女子旅にも取り組んでいます」

田川会長は、「ロングステイ型のツアーは人気があがってきていますけれど、タイ国の滞在中に体験プログラムなどについて詳細な情報を提供していけばパッケージを造成旅行会社が増えるでしょう」とコメントしました。


  • セークサン・スイープライワン氏

  • 田川会長(向かって左)とJATA志村理事長


懇談の様子

Mr. Seksan Sripraiwan, Director of Tokyo Office, Tourism Authority of Thailand, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on September 30th, Monday

During his visit, Mr. Sripraiwan shared his views on the promotion of Thailand in the Japanese market, emphasizing that the Tourism Authority of Thailand aims at increasing the number of overnights of long-stay visitors. “Currently, we are looking for travel agents that can design and sell long-stay tour programs. In addition, we have begun to promote work + holiday programs as well as tours designed particularly for female travelers.”

“While long stays are gaining momentum, travel agents need detailed information about the experiences which their customers can have in Thailand. This will result in a greater number of companies offering long stay tours and consequently to a larger number of visitors to Thailand,” said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る