現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

11月12日(火)、コロンビア共和国、コロンビア貿易振興機構の総裁フラビア・サントロ氏がJATA志村理事長を訪問

2019年11月25日

11月12日(火)、コロンビア共和国、コロンビア貿易振興機構の総裁フラビア・サントロ氏がJATA志村理事長を訪問し、コロンビアの改善された社会情勢や新しい観光資源についてお話されました。
「コロンビアでは、現在、観光開発が進んでおり、コーヒー栽培や音楽を含めた伝統文化が観光素材として商品化されています。麻薬密売カルテルの拠点だったマデリン市でも地域開発によってIT企業や大学の施設が増え、治安が徹底的に改善されています。日本への直行便が就航できれば、日本からの観光客が増えるでしょう」

志村理事長は、「旅行会社も新しい観光地を探し続けているので、アメリカ経由のルートが増えている中、外務省の海外危険情報で危険度がレベル1に引き下げられたらコロンビアへのツアーが増えるでしょう」とコメントしました。


  • フラビア・サントロ総裁

  • JATA志村理事長


懇談の様子

Ms. Flavia Santoro Trujillo, President of ProColombia, Republic of Colombia, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on November 12th, Tuesday

During her visit, Ms. Santoro presented information about the improved safety and the tourism resources newly developed by the Colombian authorities. “We continue to develop the tourism resources of the country. We offer tours of cultural experiences such as coffee culture and folklore music. Through community development, Medellin, which used to be the hub of narco- trafficking cartels has transformed into an academic and IT center with a clean and safe environment. Direct flight services, if inaugurated, will help us increase the number of Japanese visitors to Colombia.”

“The Japanese travel agencies continue to search for new destinations. The increased number of flights to the USA means better connectivity and therefore better accessibility of Colombia from Japan. If the travel advisory issued by the Ministry of Foreign Affairs is lowered to Level 1, travel agencies will have more freedom to design tours to Colombia and we expect that the number of Japanese tours and visitors will grow,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る