現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月6日(金)、ウズベキスタン観光開発国家委員会の総裁
アックロフ・アブドゥラジス氏がJATA志村理事長を訪問

2019年12月16日

12月6日(金)、ウズベキスタン観光開発国家委員会の総裁アックロフ・アブドゥラジス氏がJATA志村理事長を訪問し、二国間における観光交流の拡大について意見交換されました。「2020年にチャーター便を使用してウズベキスタンへ送客した旅行会社に対して支援制度の導入を予定しています。また、日本からの観光客数の拡大を図り、ウズベキスタン国内で新しい観光ルートを紹介していきたいと思います」

志村理事長は、「新しいルートに関しては、旅行会社の関心が高いですが、日本の外務省が発出している危険情報の危険度を引き下げるように努めていけば、旅行会社もツアー企画がしやすくなります。また、2020年度も展開するJATAの『ハタチの一歩』事業において、相互に協力し合えば若年層への更なるアピールや双方向交流の拡大ができるでしょう」と要望しました。


  • アックロフ・アブドゥラジス総裁

  • JATA志村理事長


懇談の様子

Mr. Abdulaziz Akkulov, Acting Chairman of the State Committee of the Republic of Uzbekistan for Tourism Development, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on December 6th, Friday

During the visit, Mr. Akkulov shared ideas about the expansion of travel exchange between Japan and Uzbekistan. “The Government of Uzbekistan is considering implementing a stimulus program for the travel agencies that organize charter flight tours to Uzbekistan. In order to increase the number of Japanese visitors, we are planning to introduce new tour routes in different parts of the country.”

“Travel agencies are constantly looking for new itineraries. However, it is important to have the level of the travel advisory issued by the Ministry of Foreign Affairs lowered because it will enable travel agencies to plan tours to more destinations. Also, we would appreciate your cooperation in the “My First Overseas Experience at 20” project in 2020. The cooperation will contribute to expanding the travel exchange between Japan and Uzbekistan,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る