現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2019年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月18日(水)、ガルーダインドネシア航空の日本・韓国・アメリカ地区総代表
ソニー・シャフラン氏が就任挨拶のため、JATA本部を訪問

2019年12月23日

12月18日(水)、ガルーダインドネシア航空の日本・韓国・アメリカ地区総代表ソニー・シャフラン氏が就任挨拶のため、JATA本部を訪問し、日本・インドネシア間の双方向交流について話されました。「現在、当機は東京、大阪、名古屋の3都市へ就航していますが、インドネシア国内でも地域をつなぐ緊密なネットワークを持っているので、様々な地域へアクセスがしやすくなっています」

越智局長は、「日本市場を対象に、インドネシアの多様な文化や大自然の情報を提供し、旅行会社がツアー商品で利用できる『エアー・エクスカージョン・パス』などを提供していけば、新しい観光地へのツアーが造りやすくなると考えます」とアドバイスを寄せられました。


  • JATA越智事務局長

  • ソニー・シャフラン氏


懇談の様子

Mr. Sony Syahlan, the new Regional CEO, Japan, Korea & USA, Garuda Indonesia, visited the Headquarters of JATA, on December 18th, Wednesday

During the visit, Mr. Syahlan talked about the bilateral exchange between Indonesia and Japan and the accessibility of different regions in Indonesia. “Currently we fly to Tokyo, Osaka and Nagoya and have a well-developed domestic network which makes many of the tourist regions easily accessible for foreign visitors.”

Mr. Ochi, Secretary General and Director of the Board of JATA, commented that regular supply of information about the tourism resources of Indonesia combined with “air passes” which could be used for certain routes by the Japanese travel agencies will help the Japanese travel agencies design tours to different regions of Indonesia.


記念撮影

このページの先頭へ戻る