現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2020年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月26日(水)、駐日スロベニア共和国特権大使アナ・ポラック・ペトリッチ博士がJATA志村理事長を訪問

2020年3月2日

2月26日(水)、駐日スロベニア共和国特権大使アナ・ポラック・ペトリッチ博士がJATA志村理事長を訪問し、2020年におけるスロベニア共和国大使館や観光局の観光促進活動についてお話されました。「東京2020開催期間中に都内で『スロベニアハウス』を設置し、スロベニアの食べ物やワインなどをPRしていく予定です。旅行会社を対象にしたイベントの開催も検討しています。日本のメディアへのアプローチを含めて、積極的な促進活動を展開していきます」

志村理事長は、「スロベニアは安全な観光地として知られており、認知度が高いと思われています。オリンピックを機に、旅行会社を対象にしたイベントを開催していけばよいと考えます。また、市場を牽引するシニア層やミレニアル層にアピールしていけば、スロベニアのファンが増えるでしょう」と意見を寄せられました。


  • JATA志村理事長

  • アナ・ポラック・ペトリッチ博士


懇談の様子

H.E. Dr. Ana Polak Petric, PhD, Ambassador of the Republic of Slovenia in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on February 26, Wednesday

During the visit, H.E. Dr. Petric talked about the intention to strengthen the promotional activities of the embassy and the national tourism board of Slovenia. “We are planning to open a “Slovenia House” in Tokyo during the Olympics and promote Slovenian food, wain and culture. We are also considering organizing an event dedicated to the travel industry during the Olympic games. We intend to strengthen our promotional activities and engage Japanese media.

“Slovenia is known as a clean and safe destination and the general public awareness in Japan is relatively high. An event for the travel industry during the Tokyo Olympics will further help you strengthen your connections with travel agencies. Promoting Slovenia to the seniors and millennials who drive the travel market, is expected to increase the number of people willing to visit the country,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る