現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2020年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月10日(木)、駐日ジャマイカ大使ショーナ-ケイ M. リチャーズ閣下が志村理事長を訪問

2020年12月21日


リチャーズ駐日ジャマイカ大使(右)と志村理事長

12月10日(木)、駐日ジャマイカ大使ショーナ-ケイ M. リチャーズ閣下が志村理事長を訪問し、コロナ終息後、日本人のジャマイカ観光の再開や復興に関して意見交換されました。
「ジャマイカもコロナ感染症拡大防止対策を導入しているので、現在でも世界中からのお客様の受け入れができます。また、ジャマイカは様々な客層のニーズに合わせた商品を提供できるので、大使館では、日本からのジャマイカへの旅行が可能になったら、日本人渡航者数の復興に努めていきたい」と述べられました。

志村理事長は、リチャーズ駐日大使のJATAウェビナーシリーズ(オンラインセミナー)への参加に感謝を表し、「今後も継続的に協力し合っていきたい」と応じられました。


  • 左から池畑事務局長、志村理事長、海外旅行推進部の稲田部長と薦田副部長

  • ショーナ-ケイ M. リチャーズ駐日ジャマイカ大使(右)

H.E.Ms. Shorna-Kay M. Richards visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on December 10th, Thursday

During the meeting, Ambassador Richards talked about the importance of Japan as a source market for the Jamaican tourism Industry and about hopes to regain the number of Japanese visitors after the international travel becomes possible again. “Jamaica has introduced safety protocols which allow the travel industry to function and we are ready to welcome visitors from all over the world. Over a long period of time, we have developed a range of products which can meet the needs and expectations of different age groups and market segments.”

JATA President Shimura expressed gratitude to Ambassador Richards for her presentation at the JATA Destination Series webinar and said that he hopes for continued collaboration between JATA and the related Jamaican authorities.


記念撮影

このページの先頭へ戻る