現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAニュースリリース > 2011 > 2010年海外パッケージツアー10月〜12月実績と2011年1月〜3月予約状況

JATAニュースリリース

2010年海外パッケージツアー10月〜12月実績と2011年1月〜3月予約状況 (募集型企画旅行会社7社)

2011年1月26日

(人員ベース:%)

2010年10月〜12月実績

全方面計では6ヶ月連続して前年を下回る。
 全方面計  90.2%(10月)、95.0%(11月)、85.1%(12月)
アメリカ、カナダ、ハワイ、オセアニア方面が3ヶ月とも前年を上回るほか、台湾は11月、12月、ヨーロッパ、アジア(中国除く)は11月が前年を上回る。
(3ヶ月連続上回る方面)
 アメリカ・カナダ方面  110.2%(10月)、162.0%(11月)、114.1%(12月)
 ハワイ方面  103.4%(10月)、106.2%(11月)、100.2%(12月)
 オセアニア方面  105.5%(10月)、111.5%(11月)、104.4%(12月)
香港・マカオ、中国方面は大きく前年を下回る。
 香港・マカオ方面  71.5%(10月)、74.9%(11月)、65.1%(12月)
 中国方面  61.6%(10月)、45.2%(11月)、34.7%(12月)

[前年実績比]

2011年1月〜3月予約状況

全方面計では2月が前年を若干上回り、3月が対前年10%を超える伸び。
 全方面計  91.7%(1月)、100.9%(2月)、110.8%(3月)
1月、2月、3月ともほぼ前年並みか大きく上回る方面。
 アメリカ・カナダ、ハワイ、ヨーロッパ、オセアニア、台湾

[前年同時期比]

海外パッケージツアー方面別実績及び予約状況(募集型企画旅行会社7社)

(人員ベース:%)

海外パッケージツアー方面別実績及び予約状況(募集型企画旅行会社7社)

各社からの報告抜粋

2010年10月〜12月実績

  • 中国は尖閣問題、韓国は北朝鮮の砲撃事件が勃発して以降、需要を落とした。
  • アジアでは台湾が好調。中国、韓国の不調の分、需要の受け皿になったと考えられる。
  • 間際予約の減少がみられた。座席の確保が困難であったためと見られる。
  • 円高傾向もあり、北米方面が好調に推移した。

2011年1月〜3月予約状況

  • 中国は10-12月の傾向をそのまま引きずっている。
  • 韓国は北朝鮮の砲撃事件の影響が需要を下げる要因となっている。
  • 円高の影響などもありヨーロッパ、アメリカ・カナダ、オセアニアは好調。
  • 学生の卒業旅行シーズンとも重なり、今年はヨーロッパ方面が人気である。

この調査について

(社)日本旅行業協会では、四半期に一度、海外旅行の方面別動向を探るため、募集型企画旅行会社7社の海外パッケージツアーの調査をおこなっている。

調査対象会社

  • (株)ジェイティービー
  • 近畿日本ツーリスト(株)
  • (株)日本旅行
  • (株)阪急交通社
  • (株)ジャルパック
  • ANAセールス(株)
  • (株)エイチ・アイ・エス
  1. 注:グアム・サイパン方面、オセアニア方面については、ANAセールス(株)の商品設定がないため、集計に含まれていない

この件に関するお問い合わせ

JATA広報室:
TEL 03-3592-1244 FAX 03-3592-1268

JATAニュースリリース

このページの先頭へ戻る