現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAニュースリリース > 2010 > 2011年海外パッケージツアー1月〜3月実績と2011年4月〜6月予約状況

JATAニュースリリース

2011年海外パッケージツアー1月〜3月実績と2011年4月〜6月予約状況

2011年4月20日

(人員ベース:%)

2011年1月〜3月実績

全方面計では9ヶ月連続して前年を下回る。
 全方面計  87.9%(1月)、92.0%(2月)、78.7%(3月)

<1月、2月実績>

1月はハワイ、グアム・サイパン、ヨーロッパ、台湾が前年を上回り、2月はアメリカ・カナダ、ハワイ、台湾、香港/マカオが前年を上回った。
 アメリカ・カナダ方面  120.6%(2月)
 ハワイ方面   111.8%(1月)、109.2%(2月)
 グアム・サイパン    100.0%(1月)
 ヨーロッパ   104.3%(1月)
 台湾方面   108.7%(1月)、138.4%(2月)
 香港/マカオ   109.9%(2月)
中国は尖閣問題などの影響が続いている。
 中国方面   42.8%(1月)、49.3%(2月)

<3月実績>

震災のあった3月はアメリカ・カナダ(101.0%)をのぞき、全てで前年を下回る。

[前年実績比]

2011年4月〜6月予約状況

全方面計では3月に発生した東日本大震災の影響もあり対前年を大きく下回る。
 全方面計  73.8%(4月)、68.2%(5月)、86.3%(6月)
4月、5月、6月の期間中、前年を上回る月がある方面は4月のグアム・サイパン(121.4%)と6月のハワイ(135.4%)である

[前年同時期比]

海外パッケージツアー方面別実績及び予約状況(募集型企画旅行会社7社)

(人員ベース:%)

海外パッケージツアー方面別実績及び予約状況

各社からの報告抜粋

2011年1月〜3月実績

<1月、2月>

  • 尖閣問題から中国のレジャー需要は引き続き伸び悩みが続いている。
  • 羽田空港商品の影響で台湾、香港が好調。
  • 当初、ヨーロッパは好調であったが、中東情勢の悪化に伴い伸びがなかった。

<3月>

  • 震災の影響は成田・羽田発だけでなく各地からの出発にも影響があった。
  • 3月だけでなく先の予約の取消などの影響を受けた。
  • 出発日が先の予約のものはキャンセルは落ち着いている。

2011年4月〜6月予約状況

  • 震災直前の週からの累計前年比は約20ポイント下落。
  • 震災直後は取消数が予約数を上回っていたが、徐々に予約数が増えている。
  • ハワイは好調、アメリカ・カナダは堅調、それ以外の方面は不調といった推移を見せた。
  • 震災が起きる前は長距離のヨーロッパ、アメリカ・カナダが大きく伸びていたが震災後は旅行商品の買え控えが目立った。

この調査について

一般社団法人日本旅行業協会では、四半期に一度、海外旅行の方面別動向を探るため、募集型企画旅行会社大手の海外パッケージツアーの調査をおこなっている。

この件に関するお問い合わせ

JATA広報グループ:
  • TEL 03-3592-1244
  • FAX 03-3592-1268

JATAニュースリリース

このページの先頭へ戻る