現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAニュースリリース > 2012 > 2012年海外パッケージツアー1月〜3月実績と2012年4月〜6月予約状況

JATAニュースリリース

2012年海外パッケージツアー1月〜3月実績と2012年4月〜6月予約状況

2012年4月25日

(旅行7社JATA調べ 人員ベース:前年、前々年同時期比%)

2012年1月〜3月実績(前年実績比 ( )は前々年比)

全方面合計は1月〜3月のいずれの月も前年、前々年を上回る。
全方面合計
102.0%(1月) 119.4%(2月) 128.3%(3月)(101.7)
ハワイ、アジア(中国を除く)方面など近場が大幅に伸びた。

(3月前々年比)

ハワイ
103.7%(1月) 123.6%(2月) 127.8%(3月)(108.9)
アジア(中国を除く)
102.1%(1月) 131.9%(2月) 129.3%(3月)(100.5)
・韓国
120.0%(1月) 144.8%(2月) 129.6%(3月)(103.0)
・台湾
136.6%(2月) 140.1%(3月)(139.6)
・香港/マカオ
100.4%(1月) 148.0%(2月) 142.9%(3月)(104.2)
タイは次第に回復も水害の影響が残る。
タイ
48.3%(1月)  53.5%(2月)  76.4%(3月)(77.8)

2012年4月〜6月予約状況(前々年同時期比)

全方面合計はすべての月で前年、前々年を上回る好調さを示している。
全方面合計
101.6%(4月) 102.5%(5月) 106.4%(6月)
アジア(中国を除く)、ハワイ方面が1月〜3月に引き続き好調。
ハワイ
109.8%(4月) 115.5%(5月) 127.9%(6月)
アジア(中国を除く)
108.1%(4月) 112.2%(5月) 121.8%(6月)
タイは水害の影響から、毎月改善がみられ6月は前々年を越えてきている。
タイ
76.9%(4月)  94.1%(5月)  114.0%(6月)
中国は前年比で大幅に伸びてはいるものの、依然2010年9月の尖閣諸島問題発生以前のレベルまで回復していない。
中国
54.3%(4月)  63.5%(5月)  64.8%(6月)

海外パッケージツアー方面別実績及び予約状況

各社からの調査時の報告コメント抜粋

2012年1月〜3月実績でのコメント抜粋

  • 近距離 アジアが好調を維持。韓国、台湾、香港の東アジア地区に加えシンガポールが好調。
  • 中国は10年9月に起きた「尖閣諸島問題」で落込んだ反動で今年は伸びている。
  • アメリカ、韓国、台湾、中国が好調。
  • 韓国、台湾の近場が好調であったことに加え、ハワイ、ヨーロッパも順調に実績を伸ばした。
  • ASIAは、特に韓国とベトナムが好調に推移し、水害影響を受けて停滞したタイをカバーした。
  • 円高により方面を問わず、海外旅行全体の需要が高まった。
  • ヨーロッパは学生旅行が堅調でほぼ前年をキープした結果になった。
  • 震災後顕著となってきた間際予約傾向が更に顕在化。
  • 2月、3月は出発直前まで、申込みが伸びる傾向が強かったが、間際にシフトしたということではなく、旅行需要が多く、直前まで旅行の申込みを見込める状況であった。

2012年4月〜6月予約状況でのコメント抜粋

  • 引き続き、円高を追い風にUSD,EUR圏にて好調に推移、また韓国の好調も継続、一方、ハワイは昨年に比べて新規就航も相次ぎ、供給環境は大幅に変化。
  • 昨年の震災以降、ロングのヨーロッパが回復傾向である。
  • GW=前年同期比145%、お盆=前年同期比130%とまずまず好調に推移。
  • ヨーロッパ、ハワイは3月までの好調をそのまま維持し、震災前の10年度比でも順調に実績を伸ばしている。

調査について

一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)では、四半期毎に、海外旅行の方面別動向を探るため、募集型企画旅行を実施している旅行会社7社にご協力を頂き、海外パッケージツアー動向の調査を実施しています。

調査対象旅行会社(旅行7社 順不同)

  • (株)ジェイティービー
  • 近畿日本ツーリスト(株)
  • (株)日本旅行
  • (株)阪急交通社
  • (株)エイチ・アイ・エス
  • (株)ジャルパック
  • ANAセールス(株)

この件に関するお問い合わせ

企画・広報グループ:
TEL 03-3592-1244 FAX 03-3592-1268

このページの先頭へ戻る