現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAニュースリリース > 2012 > 2012年海外パッケージツアー4月〜6月実績と2012年7月〜9月予約状況

JATAニュースリリース

2012年海外パッケージツアー4月〜6月実績と2012年7月〜9月予約状況

2012年7月25日

(旅行7社JATA調べ 人員ベース:前年、前々年同時期比%)

2012年4月〜6月実績(前々年実績比)

全方面合計は4月〜6月のいずれの月も前々年を上回る。
全方面合計
106.9%(4月) 102.2%(5月) 102.1%(6月)
ハワイ、アジア(中国を除く)方面など近場が好調を維持。一方、中国、香港/マカオでは前々年比減少も。
ハワイ
114.4%(4月) 90.0%(5月) 115.4%(6月)
アジア(中国を除く)
113.6%(4月) 116.2%(5月) 111.5%(6月)
・韓国
120.3%(4月) 114.0%(5月) 105.8%(6月)
・台湾
133.6%(4月) 126.0%(5月) 123.0%(6月)
タイは水害の影響をほぼ脱した模様。
タイ
112.9%(4月) 3,969.9%*(5月) 488.6%*(6月)

*タイ:前々年は、デモの影響で大幅に減少していた。

2012年7月〜9月予約状況(前年同時期比)

全方面合計は8月で前年を大きく上回る好調さ、9月は微増。
全方面合計
99.9%(7月) 111.3%(8月) 102.8%(9月)
ハワイ、アジア(中国を除く)方面が好調を維持。アメリカ・カナダなど長距離方面も増加。
アメリカ・カナダ
152.4%(7月) 138.7%(8月) 142.7%(9月)
ハワイ
121.0%(7月) 125.0%(8月) 106.6%(9月)
アジア(中国を除く)
95.4%(7月) 111.7%(8月) 106.6%(9月)
中国方面は8月のみ前年比で上昇も、その他の月は大幅な減少。韓国にも不安定な動き。
中国
89.2%(7月) 107.6%(8月) 83.5%(9月)
韓国
83.4%(7月) 98.2%(8月) 104.0%(9月)

海外パッケージツアー方面別実績及び予約状況

各社からの調査時の報告コメント抜粋

2012年4月〜6月実績でのコメント抜粋

  • 早期予約、間際予約ともに順調に推移した。
  • 全体的に前年、前々年を大きく上回っており、特にアメリカ・カナダ・ハワイの伸び率が顕著である。
  • 2010年度のタイはデモによる影響があったが、回復が図れた。
  • ヨーロッパ方面好調:ユーロ安が主要因と思われる需要回復により好調。ハネムーンコース(12上期から復活)が好調。
  • シンガポールを筆頭にアジアが好調

2012年7月〜9月予約状況でのコメント抜粋

  • 7月の動きが鈍く、8月・9月がやや活発である。海の日を絡めた3連休の後も学校が休みではないため、感覚的に夏休みが短く感じられているのではないか。
  • 8月発が非常に好調に推移している。
  • 9月発は連休の日並びの影響もあり、他の月に比べて弱くなっているが、間際の予約が多い月でもあるので、今後の伸びを期待したい。
  • 円高の影響と燃油サーチャージが昨今やや減額傾向になっており、アメリカ・カナダ・ハワイが好調である。
  • 昨年からの関空からのハワイアン航空の就航や、福岡発のハワイ直行便(DL、HA)の再就航など、東西ともにハワイがファミリー層を中心に人気です。
  • ルーマニア・ブルガリアのチャーターの新規設定。
  • 新企画として、ハワイのハイアット・リージェンシー・ワイキキホテルのダイヤモンドヘッドタワー高層30・31階のお部屋をご用意した商品がハネムーナーや年配のお客様に人気を集めています。

調査について

一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)では、四半期毎に、海外旅行の方面別動向を探るため、募集型企画旅行を実施している旅行会社7社にご協力を頂き、海外パッケージツアー動向の調査を実施しています。

調査対象旅行会社(旅行7社 順不同)

  • (株)ジェイティービー
  • 近畿日本ツーリスト(株)
  • (株)日本旅行
  • (株)阪急交通社
  • (株)エイチ・アイ・エス
  • (株)ジャルパック
  • ANAセールス(株)

この件に関するお問い合わせ

企画・広報グループ:
TEL 03-3592-1244 FAX 03-3592-1268

このページの先頭へ戻る