現在地:JATAホーム > JATAについて > TOPICS > 2013年 > 「JATA経営フォーラム2014」2月26日に開催決定!

TOPICS

「JATA経営フォーラム2014」2月26日に開催決定!

 業界が抱える諸課題について本音で議論できる場として、会員の皆様よりご支持をいただいております「JATA経営フォーラム」は、本年度で22回目を迎えます。
 社会情勢はめまぐるしく変化し、消費者の価値観の多様化が益々進む中、優先的に取り組むべき課題を整理し、会員会 社の経営に寄与するフォーラムとするために下記のとおり開催することといたしました。
会員のみならず会員以外の旅行業者等、また旅行業関連団体など、大勢の皆様のご参加をお願い申し上げます。

1.総合テーマ:新しい価値創造への挑戦

 少子高齢化、労働人口・国内市場規模減少など人口減少社会、高度情報化社会到来、アジア市場の台頭など近未来の日本社会や旅行業の取り巻く環境に対する企業の経営戦略は。旅行会社にとって、次の成長に向けた経営戦略そのものが“新しい価値創造への挑戦”。
 2020年に東京オリンピック・パラリンピック開催が決まり、官民を挙げてハード・ソフトの両面でのインフラ整備が進み、日本経済復活への兆しが見えてきたが、一方でインターネット取引、海外OTAの台頭、旅行の安全確保など、旅行業を取り巻く環境はいよいよ厳しくなっている。
 この2020年の東京五輪に向けて前向きの変化を好機ととらえ、旅行業の価値創造産業への転換点としていくために、全体パネルディスカッションから人材活用、経営・営業戦略、海外・国内・訪日旅行などの事業分野ごとに分科会テーマに取り上げ、議論を深める。

2.開催日時:平成26年2月26日(水)13:00〜18:00(意見交換会18:10〜19:30)

3.場所:ロイヤルパークホテル(東京都中央区日本橋蛎殻町)

4.スケジュール

12:30-13:00
参加者受付
13:00-13:20
主催者挨拶、来賓挨拶
13:20-14:20
特別講演「日本経済の再生と企業のとるべき道」
公益社団法人経済同友会 代表幹事 長谷川 閑史氏
(武田薬品工業株式会社 代表取締役社長)
14:30-16:00
全体パネルディスカッション
旅行業の価値創造産業への挑戦-東京2020オリンピック・パラリンピックをバネに-
モデレーター: 株式会社JTB総合研究所 代表取締役社長 日比野 健氏
16:10-18:00
テーマ別分科会
分科会A
今後50年の海外旅行における旅行業ビジネスを考える
モデレーター:
株式会社エヌオーイー 代表取締役会長 林田 建夫氏
(海外渡航自由化50周年部会長)
分科会B
環境変化に伴う、これからの国内旅行商品を提案する
モデレーター:
クラブツーリズム株式会社
取締役 地域交流部長 梶田 隆弘氏(予定)
分科会C
JATA会員会社の訪日旅行取扱いを増やすためにどうすべきか!
モデレーター:
松本大学 教授 佐藤 博康氏
分科会D
『女子力』で新たな価値創造を!
モデレーター:
ANAセールス株式会社 常務取締役 伊豆 芳人氏
分科会E
ビジネスのヒントは”現場”に有り!(仮称)
−「体験参加型」分科会でお客様、ホテル・旅館など旅行業の”現場”を見つめ直す−
モデレーター:
一般社団法人デザイン思考研究所 代表理事所長 柏野 尊徳氏

※全体パネルディスカッション・テーマ別分科会のパネリストについては、現在交渉中です。

18:10-19:30
意見交換会
登壇者、参加者との懇談の場を用意しております。

5.参加費

お一人様 正会員 8,500円  協力会員 8,500円  国内賛助会員 12,500円  会員外 15,500円

≪女性及び20代、30代社員≫(当協会正会員旅行業者にお勤めの社員限定)
 分科会(16:10-18:00)のみ       2,000円
 分科会及び意見交換会(16:10-19:30)5,000円

(※東日本大震災の復興活動義援金500円を含みます。)

6.参加申込

※ 平成26年1月初旬より開始します。

本件についてのご照会

一般社団法人日本旅行業協会 総務部(担当 木村、杉原)

このページの先頭へ戻る