現在地:JATAホーム > JATAについて > TOPICS > 2016年 > 年頭所感

TOPICS

年頭所感:
「海外旅行復活の年に」

2016年元旦

2016年元旦
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
会長 田川 博己

  あけましておめでとうございます。

  昨年は、訪日外国人旅行者数が1970年以来45年ぶりに海外旅行者数を上回るという歴史的な年となりました。訪日外国人の旅行消費額は、過去最高であった一昨年の2兆278億円を大きく上回る3兆円台の半ばに届くかという規模まで拡大し、ツーリズム産業はいわば日本の大きな輸出産業にもなっています。
  2030年には国際交流人口が18億人まで増加すると推定されており、18億人を対象に日本のツーリズム産業を考えるという視点も必要になってきています。

  今年は、ブラジルのリオデジャネイロでオリンピック・パラリンピックが開かれ、閉会式で次回の開催地としてTOKYO、JAPANがコールされます。日本が世界中から注目され、ツーリズムの重要性が益々高まるとともに、2020年以降の日本のツーリズムを考えていく重要な年でもあります。

  JATAは、2016年を「海外旅行復活の年」として、海外渡航者2000万人達成に向けた需要喚起、市場創造に取り組み、双方向の交流拡大、「交流大国」の実現に努めていきます。地域との連携を強化して国内旅行市場の活性化を推進するとともに、東日本大震災から6年目になる東北へは、人の交流を通じた復興支援活動を行っていきます。インバウンドは2000万人の次のステージに向けて、量の拡大だけでなく、質の向上や旅行者への「安心・安全の旅の提供」に向けて取り組んでいきます。そして、昨年発表した海外・国内・訪日旅行三位一体の「JATA政策提言2015」の施策を、ひとつひとつ実行していきます。

  昨年、日本は国連世界観光機関(UNWTO)の理事国入りを果たしました。JATAとしても、民の立場から国際ツーリズムの中で日本のリーダーシップを発揮するため、観光を通じた文化遺産の保護育成に取り組む等、観光と文化の両立をめざすUNWTOの活動に参画していきます。

  JATA活動の象徴である「ツーリズムEXPOジャパン」も、新たにスタートして、“ホップ”“ステップ”“ジャンプ”の3年目の“ジャンプ”の年を迎えます。BtoBとBtoCの両面で、ツーリズムの持つ力と可能性を知らしめる大きな舞台であり、日本のツーリズムのプレゼンスを国内外に発信していきたいと思います。

  本年も引き続きご指導ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ戻る