現在地:JATAホーム > 旅行データバンク > 主要旅行会社の月別取扱実績 > 平成26年7月分

主要旅行業者の旅行取扱状況速報 平成26年7月分

  • 【海外旅行】
    対前年同月比で103.5%となった。円安の影響もあり、遠方よりも、台湾、東南アジア等、比較的近場が 好調。一方で中国、韓国方面は引き続き低調であった。
  • 【外国人旅行】
    対前年同月比で132.7%となった。ビザ緩和の影響により、東南アジアからの旅行者が増加している。
  • 【国内旅行】
    対前年同月比で102.7%となった。テーマパークの新たなアトラクションの影響もあり、大阪方面が好調 であった。

※旅行会社からの聞き取り

1. 総取扱額

(単位:千円)

区分 取扱額 前年同月取扱額 前年同月比(%)
海外旅行 200,812,625 193,996,577 103.5
外国人旅行 8,162,958 6,149,530 132.7
国内旅行 361,131,764 351,717,233 102.7
合計 570,107,347 551,863,340 103.3

(総取扱額は主要旅行業者50社の取扱額の合計)

2. 旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱状況

区分 取扱額 取扱人数
取扱額
(千円)
前年同月
取扱額(千円)
前年同月
比(%)
取扱人数
(人)
前年同月
取扱人数(人)
前年同月
比(%)
海外旅行 66,916,269 67,277,322 99.5 298,325 334,315 89.2
外国人旅行 383,725 308,986 124.2 23,013 18,219 126.3
国内旅行 92,892,743 90,273,283 102.9 3,156,357 3,202,052 98.6
合計 160,192,737 157,859,591 101.5 3,477,695 3,554,586 97.8

(取扱額は総取扱額の内数)

平成26年7月公表版
主要旅行業者の旅行取扱状況速報各社別内訳:平成26年7月分PDF

この速報は、観光庁 観光産業課 の発表した資料を写したものです。

Get Adobe Reader
説明資料のPDFファイルを開くには、Adobe社のAdobe Reader別ウインドウ が必要です。左記へリンクをしていただきますと、無償ダウンロードができます。

主要旅行会社の月別取扱実績

このページの先頭へ戻る