現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > JATA会員/入会について > 正会員

正会員

会員資格 旅行業法に基づく旅行業者
入会金 80万円
年会費 普通会費 年額 35万円
特別会費 1人当たり年額600円
サービス内容
  • JATANAVI(VISA情報等や海外旅行基本情報システム)の利用
  • ニュースメール(原則週1回)の送信
  • 会報誌“じゃたこみ”(原則2ヶ月に1回)の送付
  • 緊急情報(海外、渡航など)の電子メールまたはファクシミリ送信
  • 頒布資料の正会員価格による販売
  • 研修・セミナーなどの案内・参加
  • 旅行者との旅行取引に係る法務相談・税務等の相談受付
  • 更新登録、取引額報告書などの申請・提出について事前連絡
会議等 総会への出席、議決権の行使、JATAマークの使用
入会手続 ※入会申請書類を揃えてご提出下さい。詳細は次の項目『入会書類一覧』をご覧ください。

入会申請書類一覧

JATA正会員入会手続きに関する申請書類は下記アドレスにご請求ください。

提出先
:一般社団法人日本旅行業協会  総務部 総務・企画・会員サービスグループ
〒100-0013 千代田区霞ヶ関3-3-3 全日通霞ヶ関ビル
E-Mail
kaiin@jata-net.or.jp
NO. ご提出書類名 ご提出にあたり JATA記号
1 入会申込書 旅行業登録をあらたに申請しようとされる方は新規登録用、既に登録済の方は既登録用をお使いください。 A
2 現況調査票Word 記入要項PDF にもとづきご記入下さい。 B
3 旅行業登録通知書(写し) 既登録の方以外は、旅行業登録後ご提出下さい(FAX可) C
4 ※旅行業務取扱管理者選任一覧表 登録申請書添付書類の一部です。既登録の方は、現在の選任状況を一覧表(所定書式)にしてご提出ください。 D
5 選任管理者の合格証(写し) 旅行業務取扱主任者試験または旅行業務取扱管理者試験合格証の写しをご提出ください。認定者の方は、認定証の写しとなります。
6 選任管理者の履歴書PDF 特に旅行業における職歴を詳しくご記入ください。履歴書は同封した様式と同様の項目が記載されているものであれば、市販のものまたはワープロにて作成したもので結構です。ただし、氏名は自署でお願いします。
7 役員(含監査役)の履歴書 PDF E
8 役員(含監査役)宣誓書(JATA宛)PDF 当会定款第8条(入会拒否事項)に該当していないことの宣誓書です。
9 会社定款(法人の場合) 写しをご用意ください。 F
10 登記事項証明書(法人の場合)
住民票(個人の場合)
「履歴事項全部証明書」または「現在事項全部証明書」。個人の場合には「住民票」 G
11 旅行業務に係わる事業計画PDF 登録申請書添付書類の一部です。既登録の方は、現在の状況を表す書類をご用意ください。「旅行業務に係る事業の計画」は所定書式があります。 H
12 緊急事故処理体制の書類 I
13 ※営業所一覧 主たる営業所(本社等)以外に営業所、または代理業者をお持ちの方が対象です。登録行政庁あてに届け出た(届け出る)最新の書類(新規申請書(2)、(3)または旅行業者登録簿(2)、(3))の写しをご提出ください J
14 ※代理業者一覧
15 取引額報告書の写し 既登録の方のみが対象です。通称「100日報告」といわれる報告時に提出される書類です。登録行政庁あてに届け出た最新の書類をご提出ください。
16 ※営業保証金供託書または弁済業務保証金納付書(写し) 既登録の方のみが対象です。
法務局への供託書、または全国旅行業協会への納付書の写し
17 会社案内(パンフレットなど) パンフなど作成していない方は、会社の沿革を簡単にまとめて、ご提出ください。
18 弁済業務保証金分担金納付書(4枚1組) あらかじめ、太枠の部分をご記入の上、ご提出ください。(記入要項) PDF  
  • ※ 印を付した提出書類については、旅行業法に基づく諸規則により規定された各様式によりご提出ください。旅行業新規登録申請書添付書類または旅行業更新登録申請書添付書類と同様式(取引額報告書以外)です。
  • ※ 平成23年4月1日より正会員の入会については推せん会社の必要がなくなりました。

※入会確認書は、入会申請書類を受理した後、10営業日後を予定しておりますが、書類の内容、受付時の申請者数等により、それ以上の日数を要することがあります。
※審査の都合上、上記以外の書類や書類についての説明(ヒヤリング)を求めることもあります。
※入会書類提出後、上記書類の記載事項に変更が生じた場合は、速やかに当協会にご連絡くださるようお願い申し上げます。

平成29年7月現在

Get Adobe Reader
説明資料のPDFファイルを開くには、Adobe社のAdobe Reader別ウインドウ が必要です。左記へリンクをしていただきますと、無償ダウンロードができます。

このページの先頭へ戻る