現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > 親子で農漁業体験ホームページ > 農漁業体験ツアーレポート > 「もう一泊、もう一度」キャンペーン 家族収穫体験ツアー(四国しおのえ)実施報告

「もう一泊、もう一度」キャンペーン
家族収穫体験ツアー(四国しおのえ)実施報告

1.実施日時

平成23年11月5日(土)〜11月6日(日)

2.参加人数

29名(大人16名、子供13名)8家族

3.行程

行程 食事
11/5
(土)
新大阪(9:00)==<中国・山陽・神戸淡路・明石海峡大橋・大鳴門橋>==
=しおのえセカンドステージ(サツマイモ収穫体験・しいたけ狩)==
==しおのえ温泉 セカンドステージ【泊】


11/6
(日)
ホテルにてうどん打ち体験、その後を昼食としてお召し上がり=
=香南アグリーム(柿の収穫体験)=
==<四国道・大鳴門橋・明石海峡大橋・神戸淡路・山陽・中国>==新大阪(17:00)


ご宿泊ホテル:
しおのえ温泉郷 セカンドステージ
〒761-1614 香川県高松市塩江町上西乙1118-8   TEL:087-893-1100

4.行程詳細

(1)しおのえ温泉ホテルセカンドステージ(昼食)

到着後、バーベキューハウスで家族毎の昼食。
ホテルや地元の畑で採れた新鮮な野菜やお肉をバーベキューにしていただきました。
みなさん満足!

(2)さつまいも収穫体験

生憎の雨になってしまい、残念ながらさつまいも掘りは中止。
代わりにホテルの方が掘ってくれたさつまいもを炭焼きにして石焼きいもならぬ炭焼きいもにしていただきました。
みなさんの感想は「甘くて美味しい!」。

(3)しいたけ狩り体験

香川県の中でも塩の江町は有名なしいたけの産地。
塩江町の農園で収穫体験です。
生産者のお話を伺い、早速ナラやコナラの原木から生えた大きなしいたけを摘み取りました。
直径が10cm以上もあり店で売られているしいたけとは全く別物。
肉厚のしいたけは見るから美味しそうです。

取ったしいたけは炭火焼にして、ゆずポンでいただきました。
しいたけの旨味が染み出て絶品!
普段しいたけを食べないお子様も「美味しい!」と言って食べ、ご両親も驚いていました。

(4)うどん打ち体験

朝食後、ホテル敷地内にある讃岐うどん体験道場でうどん打ち体験。
自分たちで打ったうどんを、その場で茹で、特性猪肉を載せ「しっぽくうどん」にしてお昼ご飯でいただきました。
讃岐うどんはB級グルメの王様。
練り、足踏み、寝かし、生地伸ばし、線切り、ゆで、水洗い・・・。
家族みんなで、力を合わせて一生懸命うどんづくりをしました。
力仕事はお父さんやお母さん、足踏みや伸ばしは子供たち、切りはお母さんの手を借りました。
紐状になったうどんをお湯の中に泳がせて茹でます。
できあがったうどんは細い、太いがあり不揃いでしたが味は上々。
お腹いっぱい手づくり讃岐うどんを楽しみました。
この体験を通じて「家でも作ってみよう!」と思われた家族もいました。


  • 練り

  • 足踏み

  • 生地伸ばし

  • 線切り

  • ゆで

  • いただきます!

(5)柿収穫体験(香南アグリーム)別ウインドウ

香南アグリームは柿を始め、さつまいもやジャガイモの収穫体験、ハーブを摘んで、リースを作ったり色々な農作業体験のできる施設で、今回は柿の収穫体験をさせていただきました。
香南町は冨有柿の栽培で有名な町で柿の木が山一面に並び色づきのいい、形の整った柿を思い思いに収穫体験。
施設の方に取り方を教えてもらい、はさみを片手に思い思いに柿の収穫を楽しみました。

(6)しおのえ温泉ホテルセカンドステージ別ウインドウ

しおのえ温泉ホテルセカンドステージは四季を通して様々な農作業や野外体験の楽しめる宿泊施設です。
豊かな自然の中で、そば打ちや竹細工、こけ玉作り、陶芸、石の文鎮作り、草木染めから、茶摘み、田植え、稲刈り、わら草履づくり、カヤックなど色々なジャンルの体験メニューがあります。

(7)全体的に

グリーンツーリズムで利用する宿泊施設は民宿や農家民泊が多いのですが今回はホテルを利用したため参加者の満足度は高く、宿泊施設に対する評価は概ね良好でした。
四国塩江というロケーションから四国圏内や関西圏、山陽圏の方々の利用が多いと思われますが、他地域の方々も四国旅行の行程中の1泊を体験型宿泊施設にするのも面白く、特に子供のいる家族旅行にはお奨めです。

このページの先頭へ戻る