現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > 親子で農漁業体験ホームページ > 農漁業体験ツアーレポート > 「もう一泊、もう一度」キャンペーン 春の家族収穫体験ツアー(福岡発宮崎県五ヶ瀬)実施報告

「もう一泊、もう一度」キャンペーン
春の家族収穫体験ツアー(福岡発宮崎県五ヶ瀬)実施報告

親子で農業体験推進実行委員会

【1日目】

時間 行程
09:00

博多駅出発 貸切バス利用

〜都市高速・九州自動車道〜

そよ風パーク到着

  • 昼食は、山彩バイキング
    蘇陽の“かあちゃんシェフ”が作るバイキングでは、採れたての新鮮な山菜・野菜を昔懐かしいおふくろの味で常時20種類以上用意してあります。田舎の旬のご馳走を心行くまでご堪能下さい。
  • 全員でパン作り体験とジャムのラベル作りと瓶詰め体験
    パン作りは、一次発酵が終った生地から焼き上がりまでの行程を実際に行います。二次発酵の合間に、オリジナルラベルを作り、地元のブルーベリーで作ったジャムを、瓶詰めします。
    もちろん、作ったパンとジャムは、お持ち帰りいただけます。

そよ風パーク出発

五ヶ瀬ワイナリー到着

  • 入村式
    オリエンテーション 滞在中のご説明をいたします。
  • えりもの作り体験
    えりものとは、
    神庭(こうにわ)の聖域を示す注連(しめ)などに取り付けられる切り絵
    細工などの髪飾りの事。
    作った切り絵は、お持ち帰り下さい。
  • 地元の受入の方々とのご対面!!
    各受入農家の自宅へ移動
  • 夕食を囲みながら、交流を深めて下さい。

町内の交流センターへ移動

  • 夜神楽見学
    神楽とは、神道の神事において神の奉納するために奏でられる歌舞。
    今回は、お客様のためだけに舞っていただきます。

農家に移動して、就寝、、、

【2日目】

時間 行程
17:30

各農家で朝食

  • 豆腐作り体験
    地元で収穫された大豆を使った豆腐作り体験。
    作りたての豆腐は、かなり美味!!
  • 椎茸の収穫体験
    椎茸作り名人なんと85歳のおじいちゃんが丹精込めて原木で育てた椎茸を収穫いただきます。
    もちろん、お持ち帰り分のお土産もあります。
  • 昼食は、地元のお母さんが手作りした心温まる四季のご膳をお召し上がりいただきます。
  • 五ヶ瀬ワイナリー工場のご見学
    五ヶ瀬ワイナリーについて
    五ケ瀬ワイナリーは九州のほぼ中央に位置する五ケ瀬町桑野内地区のなだらかな丘陵地帯にあります。九州山地に抱かれたこの地では、春は高山植物が一斉に芽吹き、夏には山からの風が緑と戯れます。
    秋には雲海が神々しい姿を見せ、冬には一面に広がる雪景色。
    四季を通して、自然が豊かに彩りを変化させる場所です。
  • 夕日の里物産館でお買い物
    地元の特産品や加工品を販売しています。

五ヶ瀬を出発

〜九州自動車道・都市高速〜

博多駅到着

1.パンづくり体験

一次発酵が終わった生地から焼き上がりまでの体験です。小分けされた生地(大人6個、子供4個)を自分の好きな形にすることから始めました。次に発酵させた生地の表面に卵を塗り、最後にオーブンで焼いて出来上がり。こんがりきつね色に焼き上がった自作のパンを見て「おいしそう」と、みなさまご機嫌でした。


  • <好きな形にしていきます>

  • <僕の自信作をどうぞ>

  • <美味しそうに焼けました>

2.ジャムのラベルづくりと瓶詰め体験

時間の関係で出来上がったジャムをビンに詰める作業とそのビンに貼るラベルづくりを体験しました。地元産のブルーベリーで作ったジャムを一人ひとりビンに詰めていきます。次にジャムを詰めたビンに貼るラベルを作成します。思い思いの絵やメッセージを書き込んだオリジナルラベルをビンに貼って出来上がり。思い出に残る美味しいお土産になりました。


  • <ビンに詰めていきます>

  • <ラベルシールを作ります>

  • <ジャムを前にニッコリ>

3.えりものづくり体験

えりものとは「切り絵」のようなもので、「陰陽」月・日「五行」火・水・木・金・土や、十二支や四季の風景、鳥居などを和紙にデザインした切り紙のことです。子供たちにはカッターの使い方がちょっと難しかったようですが、お母さんも手伝いながらきれいに切り取っていきました。切り終わったら自分の好きな色紙とパウチ加工して出来上がり。この地域でしかできない伝統文化の体験と自分で作り上げた達成感に子供たちも大満足でした。


  • <お母さんと一緒に作業>

  • <作品を手に記念撮影>

  • <僕たちも頑張りました>

4.夜神楽見学

ほとんどの方が神楽は初めての体験でした。お面をかぶっての迫力ある踊りを間近に見て、五ヶ瀬の伝統芸能を堪能しました。終了後は楽器を借りて試し打ちをしたりして子供たちも神楽に興味津々でした。最後は出演者も一緒に記念撮影もしました。


  • <初めての夜神楽見学>

  • <楽器を借りて試し打ち>

  • <最後はみんなで記念撮影>

5.豆腐づくり体験

昔ながらの石臼で大豆をすりつぶすことから始めましたが、この石臼がなかなか重く簡単には回ってくれません。代わる代わる回していると年輩のお母さんが「逆に回すんだ」の一言。そこで逆に回すと、なんと今までの重さがウソのようにスムーズに回ったという笑い話も。豆腐が固まるのを待つ間に地元のお兄さんたちが竹の棒にパン生地を付けて焼く「棒パン」や新聞紙の玉を竹に入れて飛ばす「空気鉄砲」を作ってくれました。予定外のサービスに子供たちは大喜び。五ヶ瀬のお兄さんたちは遊びの達人です。


  • <潰した大豆を鍋に入れる>

  • <頑張って石臼を回します>

  • <予定外の棒パン焼き>

6.椎茸の収穫体験

原木に生えているシイタケを収穫する体験です。85歳になるシイタケ作りの名人から美味しいシイタケの見分け方を教えてもらうと、たくさんのシイタケの中から美味しそうなものを一つひとつチェックしながら探していきます。自分の手ほどにもなる大きなシイタケを見つけて喜ぶ子供たち、袋いっぱいになったシイタケを手にご機嫌の大人たち。それぞれの楽しみ方で収穫を体験していました。


  • <美味しいシイタケ探し>

  • <大きなシイタケを手に>

  • <袋いっぱいのシイタケ>

7.五ヶ瀬農泊

今回のお宿は農家のお宅に泊まる「農泊」です。玄関には「おかえりなさい」の張り紙もあります。旅館やホテルとは違うスタイルに最初は不安を感じていた方も農家のお父さん、お母さんの暖かく心のこもったおもてなしにいつの間にか「自分の家にいるようにくつろいでしまいました」と居心地の良さに感激していました。帰り際には「また泊まりにきます」というご家族も。子供たちは広い家の中を走りまわったり、農家の子供たちと遊んだりして「テレビを見ることなく過ごすことができました」とお母さんたちも喜んでいました。


  • <古戸野の興梠さん宅>

  • <らくがき庄の後藤さん宅>

  • <ますがたの佐伯さん宅>

五ヶ瀬町農村民泊のお問い合わせ

五ヶ瀬町役場地域振興課

このページの先頭へ戻る