現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > 資料購入 > 2017年版 総合旅行業務取扱管理者研修教材の販売について


2017年版 総合旅行業務取扱管理者研修教材の販売について

2017年4月20日

JATAでは、一定期間、旅行業に従事されている方を対象に「総合旅行業務取扱管理者研修」(一般の方は受講できません)を実施しておりますが、これらの研修会で使用する研修教材をご希望の方に販売しております。
※研修を受講される方は、別途のお申し込みは不要です。

ご購入希望の方は、下記によりお申し込み下さい。(なお、ご案内の研修教材は当協会以外ではお求めになれません。書店等ではご購入いただけません。)

JATA会員外・一般の方のお申込について

■ WEB申込

  • ① WEBの「資料申込登録」 別ウインドウより、ご注文内容を登録ください。
  • ② 申込者様へJATAより注文内容確認メールをお送りします。
  • ③ A「注文内容確認メール」をプリントアウトし、資料代金、発送手数料とともに現金書留でJATA本部へお送りください。
  • ④ 7日程度で、資料をお届けいたします。到着後は、すぐにご開封の上、品目・数量をご確認ください。

■ 申込書により申込

  • 「販売物一覧・解説」 PDF に、お申込者、部数をご記入のうえ、資料代金、発送手数料を現金書留にてJATA本部へお送りください。
  • ② 7日程度で、資料をお届けいたします。到着後は、すぐにご開封の上、品目・数量をご確認ください。

JATA会員の方のお申込

  • ① WEBの「会員マイページ」(会員認証パスワードが必要)別ウインドウより、ご注文の手続きをしてください。
  • ② ファクシミリでも承ります。 「販売物一覧・解説」PDF に、お申込者、部数をご記入のうえ、FAX 03-3592-1268までお申込みください。(FAXの場合、発送手数料は通常通りとなります。ぜひWEBをご活用ください。)
  • ③ 7日程度で、資料をお届けいたします。到着後は、すぐにご開封の上、品目・数量をご確認ください。
  • ④ 代金のお支払いについては、後日送付の請求書によりお振込ください。(振込手数料はご負担願います。)

「発送手数料」(WEBからお申込の場合発送手数料720円のところ600円とお得です。)
1部から20部まで720円、それ以上20部超えることに720円増しになります。200部以上は一律7200円になります。

「注意事項」
・教材によっては在庫切れになる場合もありますので、予めご了承ください。
・お申込部数が多い場合は、事前にお電話にて在庫数をご確認ください。

「お問合せ先及び申込書送付先」
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-3 全日通霞が関ビル3階
一般社団法人 日本旅行業協会 総務部 総務・企画・会員サービスグループ宛
TEL 03-3592-1271  FAX 03-3592-1268

JATA研修教材(総合旅行業務取扱管理者研修)のご案内

旅行業法関係法令集

「旅行業法」とその法を運用する際の取扱上の細部を定めた内閣府・国土交通省令「旅行業法施行規則」を、法律の各条文ごとに左右にして 並べて配して掲載しています。

約款例集

「標準旅行業約款」の他「航空運送約款」「一般貸切旅客自動車運送事業標準運送約款」「モデル宿泊約款」「フェリー標準運送約款」を掲載しています。

旅行業法解説・約款例解説

旅行業法・旅行業約款を理解する上で必要な知識を項目別に分けて解説し、あわせて「航空運送約款」「一般貸切旅客自動車運送事業標準運送約款」「モデル宿泊約款」の解説を掲載しています。

国内旅行実務運賃・料金

国内の宿泊施設の料金・税金、航空券の運賃・料金、旅客鉄道会社(JR各社)の運賃・料金について解説しています。

国内旅行実務主要観光地

国内の主要温泉地、観光地(施設・自然景観等)を都道府県別に解説しています。

海外旅行実務運賃・料金 / 海外旅行実務 運賃・料金(資料編)

国際航空運賃に関する基本的な運賃計算規則について解説しています。

海外旅行実務出入国関係法令解説・旅行実務

出入国に関する法令(「旅券」「検疫・予防接種」「出入国管理」「税関手続」等)、その他関連する旅行実務を解説しています。

海外旅行実務主要国の観光

世界各国の観光資源・文化などを国ごとに解説しています。

海外旅行実務語学

管理者の職務において必要とされる英文読解力を身に付けるため、ホテルとの契約書などの英文例を取り上げて解説しています。

教材ご購入に関するお問合せ先

一般社団法人日本旅行業協会 総務部 総務・企画・会員サービスグループ

Get Adobe Reader
説明資料のPDFファイルを開くには、Adobe社のAdobe Reader別ウインドウ が必要です。左記へリンクをしていただきますと、無償ダウンロードができます。

このページの先頭へ戻る