現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2012年 > 日本赤十字社 救急員養成講習会開催について

TOPICS

日本赤十字社救急員養成講習会開催について

2012年2月6日

昨今は地震や台風などによる自然・気象災害が多発しています。また、旅行中にけが人や急病人がでることもあり、医師や救急隊員に引き渡すまでの応急手当ての知識や技術を身につけておけば役に立つことも多いと思います。
救急法については、各地の消防署や日本赤十字社で実施しており、個人でも受講できますが、特に東京で開催される日本赤十字社の講習は申込者多数で受講できないケースもでています。
つきましては、日本赤十字社東京都支部の協力を得て、先月12月に新しく改正された講習内容により、下記の通り救急員養成講習を当協会研修室で実施いたします。
ご多忙のこととは存じますが、ご参加いただきますようご案内申し上げます。

1. 主 催:
一般社団法人 日本旅行業協会
2. 協 力:
日本赤十字社東京都支部
3. 開催日、時間:
平成24年3月2日(金)、3日(土)、4日(日)
各日とも午前9時30分から午後5時30分まで
4. 場 所:
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-3 全日通霞が関ビル4階
日本旅行業協会(JATA)研修室PDF
5. 内 容:
連続講習会(基礎講習会+救急員養成講習会) 21時間
この講習会では、病気やけが、災害から自分自身を守り、赤十字の基本理念である人道(人間愛)に基づいて、けが人や急病人を正しく救助し、医師または救急隊員などに引き継ぐまでの救命の手当・応急の手当を行うための知識と技術を学びます。
【基礎講習会】
第1章 : 赤十字救急法について
第2章 : 手当の基本
第3章 : 一次救命処置
     ・心肺蘇生について
     ・AEDを用いた除細動
     ・気道異物除法
【救急員養成講習会】
第1章 : 赤十字救急法救急員について
第2章 : 急病
第3章 : けが
第4章 : きずの手当
第5章 : 骨折の手当
第6章 : 搬送
第7章 : 救護
1)3日間連続して受講する講習会(合計21時間の講習)です。
2)最終日に学科と実技の検定があります。検定合格者には、後日、救急員認証が交付されます(基礎講習部分の検定(学科・実技)は初日に行ないます)。
3)1日でも欠席・遅刻等をした場合、検定は受けられません。
6. 参加金:
一部は日本赤十字社への協力金となります
JATA正会員           7,000円
JATA協力会員・国内賛助会員   10,000円
※後日、申込者に振込みのご案内を送付いたします。
 2月20日(月)までに参加金の振込をお願いします。
7. 募集人員:
35名(会場の都合上定員になり次第締め切ります。)
※先着順で受付ます。
※申込者が30名に達しない場合は中止することがあります。
8. 受講資格:
JATA会員
9. 申込方法:
下記アドレスよりお申込下さい。
https://www.jata-net.or.jp/web/fm/jrc120302別ウインドウ
10. 申込締切:
平成24年2月15日(水)
11. 集合時刻:
各日とも09:25までに集合してください。
12. 本件についてのご照会は、
JATA事務局 総合企画部 原田・布施 までご連絡ください。
電話(03)3592-1271 FAX(03)3592-1268
E-mail:kharada@jata-net.or.jp

以 上

このページの先頭へ戻る