現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2012年 > 熊野古道中辺路ルート(世界遺産登録)小広峠-船玉神社間の迂回路設置について

TOPICS

熊野古道中辺路ルート(世界遺産登録)小広峠-船玉神社間の迂回路設置について

2012年3月12日

和歌山県田辺市観光振興課より標記について連絡がありました。
下記をご確認いただきますようお願いします。

この度、台風被害により通行止めとなっていました田辺市内の熊野古道中辺路ルートの2箇所において、3月10日(土)に迂回路の設置及び通行止めの解除を行なうこととなりました。

これにより、今まで同様に皆様に楽しんで歩いていただくことが可能となりますのでお知らせいたしますとともに、ご関係の皆様への周知等お取り計らいいただけますよう、お願い申し上げます。

1.熊野古道中辺路ルート(世界遺産登録)小広峠〜船玉神社間の迂回路設置について
 ◆開 通 日 平成24年3月10日(土)
 ◆迂 回 路 仲人茶屋跡〜蛇形地蔵(約4km)

  • ※これにより、熊野古道中辺路の世界遺産登録ルート上では通行止め箇所はなくなり、本迂回路を利用して熊野古道中辺路(滝尻王子〜熊野本宮大社間)は、以前のようにウォークをお楽しみいただけるようになります。

2.熊野古道中辺路ルート(世界遺産登録外)上三栖〜栗栖川(長尾坂・潮見峠越え間)の通行止めの解除について
 ◆開 通 日 平成24年3月10日(土)

  • ※潮見峠から覗橋までの間は、雨天時等において国道311号の迂回路となる場合がありますので、歩行には充分に注意して下さい。

熊野古道中辺路ルート(世界遺産登録)PDF

熊野古道迂回路図PDF

問い合わせ先 田辺市観光振興課 担当:赤嶋
Mail: akashima.t@city.tanabe.lg.jp
TEL: 0739-26-9929 / FAX: 0739-22-9903

このページの先頭へ戻る