現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2012年 > 「旅博2012でヒントを掴もう!」JATA旅博2012業界日(9/21)セミナー決定!

TOPICS

「旅博2012でヒントを掴もう!」
JATA旅博2012業界日(9/21)セミナー決定!

2012年8月8日

すでにご承知のとおり、9月21日(金)より旅博2012が開催されます。
9月21日はJATA旅博の業界日で入場無料です。
業界日には海外旅行だけでなく国内、苦情対応、IT、人材育成、バリアフリー、リスクや昨年に引き続き鉄道写真家によるセミナーなど数多くのセミナーをご用意しております。
新しい情報や豊富な素材を取り揃えておりますので奮ってご参加ください。
業界関係者として9月21日に無料入場できます。
事前の登録はhttp://www.jata-jts.jp別ウインドウ からご登録ください。

業界日のセミナーをご覧いただき、事前にお申込みすることをお勧めいたします。
お申し込みはこちらから

JATA旅博2012業界日(9/21)セミナーリスト

【メインステージWest】

11:15〜12:30
苦情対応セミナー in 旅博
会員各社より寄せられた苦情事例をもとに、JATA顧問弁護士 三浦雅夫先生より、法的見地より苦情解決の考え方・方法をわかりやすく説明いただくセミナーです。
講師:
弁護士 三浦雅生氏
12:45〜13:45
パンフレット/WEBの写真が綺麗に撮れるテクニックを伝授!
〜惹きつけるパンフレット写真、魅力あふれるWEB写真の撮り方〜

昨年好評だった「旅行業界人のためのワンランク上をゆく写真セミナー」を更にバージョンをアップ。
昨年に引き続き、一歩先ゆく写真表現を若手鉄道写真家の山ア友也氏から伝授。
画一的で、料金比較だけになってしまいがちなパンフレットを如何に魅力的な申込に繋げるパンフレットに仕上げるか。
企画担当者、パンフレット制作会社、部署やWEB制作担当者からカメラ大好きな業界関係者まで、必見のセミナーです。

  • 講師:写真家 山ア 友也氏
    有限会社レイルマンフォトオフィス 代表取締役
    鉄道写真なのに鉄道をメインに写している写真が1枚もない、という鉄道写真の常識にとらわれない自由な視点で撮影する作風。数多くのファンや師と仰ぐ”弟子”を持ち、GTY(グレート・ティーチャー・ユウヤ)と呼ばれています。
15:45〜16:45
日本インバウンドのキーを握る中国のこれから
最大の訪日旅行者数が期待される中国に対し、これまでは「数の拡大」を目標に積極的な情報発信とアプローチが行われてまいりました。東日本大震災以降、訪日旅行の低価格化が更に進行していることから、今後は「質の向上」に向けた取組が求められてきます。
拡大する中国市場にどのように取り組んでいけばよいのか?日本が抱える問題点、観光関連産業と流通業界の連携等について、長年インバウンド旅行の販売現場で指揮をとられた視点からお話をいただきます。

  • 講師:深川 三郎氏
    元株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル
    代表取締役社長
    1973年(株)日本交通公社(現JTB)入社、海外、国内、訪日と一貫して旅行関連の営業実務から商品企画・仕入・造成・販売に至るまで旅行業全般に携わって、2012年退社。その後、SUN CORPORATION 観光産業(政策)研究所を設立、地元横浜の観光の活性化を中心に観光産業全般のコンサル業務に従事(で活躍)
    JATA外国人委員会副委員長、中連協会長、PATA日本支部副会長、JOPA客船委員会委員長、日本海側拠点港の形成に関する検討委員会委員等を歴任

【メインステージEast】

11:30〜12:30
大学生観光まちづくりコンテスト発表会
2011年からはじまった大学生の新しい視点で、「箱根・湯河原・熱海・あしがら観光圏」の課題解決を目指すコンテストの表彰者の発表会。
昨年の表彰者の企画がツアーになるなど学生ならではの切口で今までにないツアーのヒントに。
  1. 大学生観光まちづくりコンテストとは
  2. 2011年(第1回)表彰プランのプレゼン
  3. 玉川大学考案の熱海市との連携企画紹介
  4. 2012年(第2回)最優秀賞プランのプレゼン
講師:
香取早太氏 株式会社JTB法人東京 営業推進本部営業開発局
森氏 三菱総合研究所
13:00〜14:00
国連・世界観光機関(UNWTO)提供
元NHKチーフ・ディレクターが見た“海のシルクロード”の可能性

“海のシルクロード”というコンセプトを入れて、改めて全シルクロードに光をあてた時に、旅行者に対して、アジア、中東、欧州のそれぞれの地域内、地域間で、より多様なルートと観光資源で構成される魅力ある旅行商品が提供できる。従来の陸のルートと共に海のルート、空(AIR)のルートを含めて、全シルクロード像を立体的に浮かび上がらせ、その中で、各旅行会社の強み、顧客層に合わせた新ルート旅行商品企画・造成ができるのではないか。そのヒントとなるような具体的な事例を紹介する。
UNWTOでは今後、関係各国に呼び掛けて、旅行者受入の人的、物的整備を促し、またメディアに対しても海のシルクロード情報を広く公開していく。

  • 講師:鈴木 肇 氏
    NHKシルクロードプロジェクト 元チーフ・ディレクター
16:30〜17:30
立ち止まらない! 進化を続ける旅行業のIT
〜GDS・旅行業システムが今後、旅行会社とどう共存・共栄していくのか〜

進化を止めない日本のGDS、インフィニ社のトップを迎えてのプレゼンテーション。
今とこれからの情報を入手するチャンスです。
また、旅行業システム会社の担当役員を迎えてのセミナー。業務効率UP、今後の展開に繋げる絶好のセミナーです。
NSK講演内容『 これからの旅行業システム〜スマートフォンで貴社の戦略が変わる!〜 』
更なる情報はセミナー後の各社ブースにて!
講師:
藤木 悟氏
株式会社インフィニ トラベル インフォメーション 代表取締役社長
谷川 智久氏
日本システム開発株式会社 取締役
【お詫び】
当セミナーは主催者の都合により二社様のご登壇となりました。
誠に申し訳ございません。

【セミナールームA】

11:15〜12:30
広がる高齢者・障がい者マーケットとその対応 〜受ける勇気と断る勇気〜
高齢者・障がい者のマーケットの広がりを観光庁の報告書を元に解説。更に障がいのあるお客様の対応に関して解説します。
  • 障がいのあるお客様を積極的に受けるには。
  • 苦情対応
  • 旅行会社の責任と客様の参加可否の判断。
  • 質疑応答
講師:
JATAバリアフリー旅行部会員
田中穂積氏
松本泰守氏
13:00〜14:00
マネジメントセミナー in 旅博
グローバルビジネスに対応するための人材育成とは 〜全員参加型リーダーシップと女性の登用〜

年々加速しているグローバルなビジネスに対応するために、目まぐるしい環境変化と複雑化するリスクに柔軟に対応できるリーダーシップを持った自律型人材の育成が求められている。また、顧客ニーズ・嗜好の多様性や個別化に対応するための人材の最適配置と戦力アップには、女性社員の能力開発と活用が不可欠になっている。リーダーシップと女性をキーワードにした効率的人材育成についてのセミナー

  • 講師:宮原 英臣氏
    オーヴァル・リスクマネジメント・サービシーズ 日本支社代表
    • 略歴:1977年京都大学(経済学部経営学科)卒
      三菱商事(株)入社、本社(資材部)配属
      1985〜92年 英国三菱商事(ロンドン)
      1992〜96年 三菱商事(株)本社勤務
      1996〜2003年 ソニー生命保険(株)勤務
      2003年 オーヴァル・リスクマネジメント・サービシーズ日本支社代表に就任
      ※NHKラグビー中継のわかりやすいラグビー解説者
14:30〜15:30
これからの旅行業あんしんリスクチェック 〜気になるリスクTOP3〜
これからの旅行業界の裏に潜むリスクをご存知ですか?
本セミナーでは、気になるリスクTOP3のエッセンスをまとめてお伝えします。
あんしんリスクチェック自己診断シートをもれなくプレゼント!
16:00〜17:30
ツアー登山のトラブルとその解決法を学ぶ
「山ガール」という久しぶりの明るい話題に盛り上がりを見せる登山界。ツアー登山を運行する旅行会社も元気を取り戻しつつあると思います。一方で、旅行会社とお客様のトラブルもあります。そこで、ツアー登山特有のトラブル事例を会員会社が提供、その解決法を弁護士畑敬氏が解説する機会を設けます。ツアー登山を運行する旅行会社の方々は多数ご参加ください。
  • 事例1:登山装備が不十分な人がいた。当日、旅行会社はどう対応するか。
  • 事例2:お客様が動けなくなりヘリコプターを要請した。その費用はどのくらいかかるのか。
  • 事例3:行方不明又は怪我をして動けなくなって捜査隊、救援隊をお願いした時の費用はどのくらいかかるのか。
以上の他全体で5〜6例を予定。

  • 講師:弁護士 畑 敬氏
    畑・植松法律事務所
    立教大学法学部卒。84年4月東京弁護士会登録。取り扱い分野は、観光関係法規(旅行業・ホテル旅館業等)、企業法務全般(会社法、独禁法等)、学校関連。立教大学観光学部兼任講師(観光営業法)も務める。

【セミナールームB】

11:30〜13:00
着地型旅行商品〜その造成と売り方を学ぶ〜
日本各地で観光の重要性が認識され、「着地型旅行商品」造成の機運が高まっています。しかしながら、「売れる旅行商品の作り方」「作った旅行商品の売り方」について学ぶ機会に恵まれていないのが現状です。そこで「JATA旅博2012」に出展していただいた方々を対象にそれらを学ぶ機会を提供いたします。長年、旅行商品造成、販売に携わってきたJATA会員会社の話を聞いて、「着地型旅行商品」の新たな一歩を踏み出してください。

  • 講師:「売れる旅行商品の作り方」
    水野 恭一氏
    株式会社風の旅行社 風カルチャークラブ 営業部長
    長野県でスキーロッジを20年間経営後、1994年風の旅行社に入社。"自転車でめぐる深夜の東京散歩"、"日本一のリサイクルを確立している山形県長井市の農家体験"など、従来の旅では考えられないテーマの旅ブランド「風カルチャークラブ」を主宰。国土交通省北陸信越運輸局、環境省、JATA等の要請で地域の方々向けの旅行商品造成の講演をしている。

  • 講師:「作った旅行商品の売り方」
    加藤 誠氏
    株式会社ジェイティービー 旅行事業本部 観光戦略部長
    1988年(株)ジェイティービー入社、2002年(株)ジェイティービー東日本営業本部国内旅行政策課長、2006年同社旅行事業本部地域観光開発課長などを経て、2008年同社旅行事業本部地域交流ビジネス推進部長。2011年同社旅行事業本部地域交流ビジネス統括部長。2012年4月同社旅行事業本部観光戦略部長。青森県、成田市、伊豆市、奥日光等の自治体のアドバイザー、JATA・日本観光振興協会・まちむら交流きこう等の関係団体委員を歴任。2010年より「内閣府地域活性化伝道師」に就任。現在に至る。
13:30〜14:30
「今こそ、積極的なパブリシティ活動で売上増に相乗効果を」
〜企業規模は関係ない!パブリシティで築くプレスとの信頼関係〜

パブリシティ活動は企業の規模は関係なく、発信したい情報(商品・サービス)を、マスコミや消費者が欲している情報にアレンジして伝えることにより、成功させることが出来ます。
大手自動車メーカー、駅施設、人気イベント等のPRを手掛けた講師が、マスコミへのアプローチやプレスリリース作成のコツなどを伝授します。

  • 講師:胡桃 広伸(くるみ ひろのぶ)氏
    有限会社くるみプロモーション 代表取締役社長
    ■略歴
    1963年大阪府出身。
    1989年大手PR会社(株)オズマピーアールに入社。
    ワコール、三菱地所(ランドマークタワー)、HONDA等を担当。1999年現職となり、PENTAX、JR駅施設(ecute/ルミネ 他)等の大手のPR業務を担当。
15:00〜16:00
ビジネスからレジャートラベルまで、ミャンマーの今、そしてこれから
ミャンマー…。耳にする機会が多くなっています。業務渡航では一番ホットな国ではないでしょうか?
特に一極集中しているヤンゴンにスポットを当てTVミッション参加者から現地視察で見て感じてきた事を。いま、出張に行っている一般企業出張者からタイムリーな話を語ってもらいます。
ミャンマーに精通したランドオペレーターから更に詳しい情報を発信します。
講師:
高井 一史氏
エーペックスインターナショナル株式会社 取締役営業本部長
堀 将士氏
近畿日本ツーリスト株式会社 団体カンパニー ECC営業本部
山内秀樹氏
住金物産株式会社 SCM・事業推進部部長
16:30〜17:30
新しいビジネス拡幅〜インバウンド事業をはじめよう〜
インバウンドの現状、これからの可能性、これから事業をはじめるための準備とは?インバウンド事業をはじめるヒント、きっかけになるセミナーです。
講師:
福田 智弘氏
株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル
エージェンシー営業部エージェンシー営業部長

【セミナールームC】

11:15〜12:45
国際航空運賃セミナー
  1. 国際航空運賃の種別の遷移とその背景
    国際航空運賃の種別の変遷(IATA運賃が主流だった約20年前と現在の運賃種別の比較)とその背景の説明をします。
  2. 運賃規則項目の読み方
    売機会が増えてきたキャリア運賃(公示運賃)の運賃規則項目をピックアップしてOFCタリフや地図上に行程を入れた具体的な資料を用いて説明を行います。
講師:
要田征則氏
株式会社オーエフシー 次長
13:30〜15:30
新発見!!タイ国MICEの魅力
〜多彩!掘り出し物のMICE王国タイランド〜

東南アジアで、MICEの候補地と言えば、タイランド!
会議施設が充実?ホテルレベルが充実?食の楽しみ?これらは、他の目的地にもある当たり前の選択肢です。
タイ国ならではのアイデアを盛り込んで、MICEの参加者が、主催者が、喜んでもらえて、“また来たい”と感じさせる飽きのこない数々の演出を提案出来る目的地、それがタイランドです。首都バンコクだけがMICEの候補地と考えていませんか?セミナーでは、数あるビーチ&マウンテンリゾート、世界遺産、何かを起こさせる、タイランドの魅力にはまってください。
※宿泊券など、ドアプラズもありますよ。
講師:
プリパン・ブナッグ氏
タイ国コンベンション&エキシビジョン・ビューロー
シニア・マネージャー
ミーティング&インセンティブ チーム
長谷川 航氏 日本スターウッドホテル
上原 央美氏 アコージャパン
プレゼンター:
山口 正氏
JATA海外旅行推進部担当副部長
16:00〜17:30
写真撮影技術向上セミナー
添乗員が旅行中にお客様から頼まれたスナップ写真の撮影や、旅行企画書・チラシ等に掲載する風景や料理見本の撮影等において、より美しく撮影するためのノウハウを習得し、顧客サービスへの向上と商品企画の効率化・迅速化を目的とします。前半はニコン伊東氏による写真撮影の技術向上講義。後半は山口氏と伊東氏による写真に関するトーク形式のセミナー。
講師:
伊東氏 ニコン
2002年より世界中のプロカメラマンを支える、Nikon Professional Services国際部門に従事。オリンピックやサッカーワールドワールドカップ等の国際イベントで、現地プレスセンター内にて取材するプロカメラマンのサポートセンターの責任者を担当。総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者の資格も有し、旅行業界の実情も熟知している。
写真家 山口 規子氏
公益社団法人 日本写真家協会会員
現在、女性ファッション誌「クレア」「クレアトラベラー」「エルジャポン」「ドマーニ」「オッジ」「美的」「バイラ」男性誌「ウオモ」その他「乳がん基金 ピンクリボン・ボランティアカレンダー」「パナソニック 2008年 カレンダー(海外風景部門)」「トヨタ自動車・レクサス会員誌」「JCB ゴールドカード会員誌」「アーバンメトロ・フリーペーパー表紙担当」などで活躍。年間を通して海外撮影が多く、力強い人物ドキュメンタリーや独特の透明感のある画面構成が人気。
アワード:
第16回日本雑誌写真家協会賞受賞「路上の芸人たち」
第2回東京国際写真ビエンナーレ 入選「イスタンブールの男」

【セミナールームD】

12:00〜14:30
インドの魅力を再発見
インド最新事情を新たな観点から紹介するセミナー、インドツアーコンテストの表彰式、更に軽食・ドリンクを楽しめます。
講師:
マルカス氏 インドツアーオペレーター協会会長/アサヒトラベルサービス代表取締役
M.S.サニー氏 バイシャリトラベルズジャパン代表取締役
15:00〜16:30
南太平洋デスティネーションセミナー
南太平洋に点在するか魅力ある島々のうち、バヌアツ・クック諸島・サモア、ならびに世界遺産に登録されたばかりのパラオに注目し、観光情報はもとよりエコツーリズム・WD情報など多方面に渡る旅行企画・営業に役立つ最新情報を、政府観光局や旅博のために来日した現地サプライヤーから提供いただきます。
講師:
各政府観光局ならびに現地サプライヤー
17:00〜18:30
3ヶ国パールロードセミナー
北部クロアチア、スロヴェニア、西ハンガリーを巡る新3ヶ国周遊ツアーのご提案。
アドリア海・アルプス・ドナウのそれぞれの「真珠」と呼ばれる美しい景観を持つ3ヶ国は、ワインの生産国でもあり、そのワインとの相性の良い料理自慢の国々でもあります。
各国2泊ずつで合計6泊8日の旅のルートと見所を含めご紹介します。
講師:
片山 エドワード氏 クロアチア政府観光局日本代表
ザドニック ティナ氏 スロヴェニア政府観光局日本代表
勝田 基嗣氏 ハンガリー政府観光局日本代表

【セミナールームF】

14:30〜16:00
エコツアーの役割と可能性 〜地域資源の発掘と活用〜
旅行へのニーズが多様化する中、エコツアーのリピート率が高いのは、観る旅行ではなく体感する旅行だからだ。
地域資源を活かし、体感する旅行を提供するためには、エコツアーガイドや地域コーディネーターの存在が必要不可欠である。
年間5万人以上が自然体験型(エコ)ツアーへ参加する知床を事例に、エコツアーの役割と可能性を探る。

  • 講師:松田 光輝氏 株式会社知床ネイチャーオフィス 代表取締役
    特定非営利活動法人知床斜里町観光協会 副会長
    特定非営利活動法人日本エコツーリズム協会 理事
16:30〜17:30
旅行業界を目指す学生大集合!
〜今、旅行会社が求めている社員とは?〜

毎年、旅博には多くの観光系学部・学科の学生さんがお越しになります。
将来、旅行業界を目指そうとしている学生の皆さんは、人材が資本の旅行業界にとって「宝」です
旅行業が大きく変貌(パラダイムシフト)している今、
旅行業界への就職へ不安を持っている学生さん少なくないのも事実です
そんな、就職活動中で何か「モヤモヤ」している皆さんにインターンシップを長年担当、多くの学生を旅行関連業界に送り出した経験をもとに以下の内容を中心にお話します。
  • 旅行業界は今どうなっているのか?
  • どんな仕事があるのか?
  • 将来はどうなるのか?
  • どんな人材を求めているのか?
改めて自分にあった仕事なのかを考えるヒントになり、これからの就職活動に役立つセミナーです
当日の質問も大歓迎です。

  • 講師:矢嶋 敏朗氏 株式会社日本旅行 経営管理部 広報室長
    ●東洋大学大学院 国際地域学部国際観光学科卒
    研究テーマ:観光系学部学科と旅行会社の関係
    ●1987年 入社
    <経験業務>
    【支店】団体旅行セールス(社員旅行の営業・添乗)
    【本社】広報(マスコミ対応や社内報作成)
    【支店】メディア販売(格安旅行企画・販売)
    【本社】運輸機関やテーマパークとの契約制度立案や販促
    【本社】カード会社との新規事業
    【出向】日本旅行グループの広告・イベント会社
    【出向】JR西日本(親会社)の広告会社
    【本社】再び、広報<現在>(新聞・TV等マスコミ対応中心)
    ●日本国際観光学会会員、日本観光ホスピタリティ教育学会会員

【会議棟605号会議室】

15:00〜17:00
広域観光、地域活性化セミナー・勉強会 *定員になりましたので受付終了致しました
平成24年3月30日に新たな「観光立国推進基本計画」が閣議決定されました。政府が総合的かつ計画的に講ずべき施策のひとつに国内外から選好される魅力ある観光地域づくり(観光地域のブランド化、複数地域間の広域連携等)があります。今後、広域観光、地域活性化等発展のため、国、自治体、旅行会社は何をしなければならないのか、旅行会社、業界の目指すビジョン等について、取組み事例の説明および意見交換を通じて理解を図ります。参加対象は県、自治体、観光団体の方とさせていただきます。
パネリスト:
国土交通省関東運輸局企画観光部長 橋本亮二氏
山梨県観光部観光推進監 根本 実氏
株式会社ジェイティービー、近畿日本ツーリスト、
株式会社日本旅行等の旅行会社地域誘客担当者

このページの先頭へ戻る