現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2012年 > 「東北復興支援1000人プロジェクト」実施について 会員旅行会社社員の方からの参加者募集

TOPICS

「東北復興支援1000人プロジェクト」実施について
会員旅行会社社員の方からの参加者募集

2012年10月3日

一般社団法人 日本旅行業協会

一般社団法人日本旅行業協会では、東日本大震災で落ち込んだ東北地方の観光需要を盛り上げるために、「JATA東北復興支援1000人プロジェクト」を実施します。

このJATA東北復興支援1000人プロジェクトは、震災から1年6か月を経過し、東北地方の観光は回復基調ではあるものの、地域により依然として直接的な被害や風評による影響で回復が遅れている状況となっています。このような中で、観光庁においては「東北観光博」を実施し、官民挙げて需要の回復に努めています。当協会も震災発生以降、独自に東北地方の復興支援に関する活動を行ってきましたが、より具体的な形で復興支援を行うためのプロジェクトを実施することになりました。

旅行業界をあげた東北地方への旅行需要を盛り上げるきっかけとして、当協会会員旅行会社の従業員や国内外の観光関係団体など合計1000名を東北6県にそれぞれ派遣することとしました。当協会と東北6県が協力し、東北地方の新しい魅力あふれる研修コースを設定し、東京からの移動についてはJR東日本の協力により東北新幹線1編成(往路のみ)を貸切り移動します。また、研修コースにはその効果を高めるためにセミナーや意見交換会を実施する予定です。

東北各県の新しい魅力について商品企画や販売を通じて、旅の力で地域の活性化に貢献し、東北地方への旅行需要の回復を図ってまいります。

プロジェクト概要

「東北復興支援1000人プロジェクト」

1. 目的

新しい東北の魅力が付加された旅行商品の企画、造成、販売ならびに、国内外の観光関係団体などから海外に向けた現在進んでいる東北地方の復興の発信を通じて、東北の旅行需要の拡大を図る

2. 参加者

JATA会員旅行会社従業員、国内外の観光関係団体など 合計1000人

3. 実施内容

実施日
平成24年12月3日(月)〜平成24年12月4日(火) 1泊2日ならびに
平成24年12月3日発の日帰りコース
活動内容
東北6県(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)に合計1000名程度を派遣し、実地踏査を行う。
実地踏査をより有効にするためのセミナー・意見交換会を現地で行う。
一部、ボランティア活動コースも設定
また、ご参加いただいた会員各社様を対象に商品企画コンテストを実施します。
交通機関
東北新幹線(専用貸切列車) 約700名
(上野発着 福島、仙台、盛岡、新青森等で下車、現地貸切バス利用)
福島方面へは貸切バスのみのコース、現地直接集合を含め、合計1000名

参加者募集ツアー

今回の「東北復興支援1000人プロジェクト」に会員旅行会社の社員の皆様から参加者を募集します。皆様がご参加いただけるツアーは次に紹介するコースです。参加希望の方は詳細をご覧ください。是非皆様のご参加をお待ちしております。

募集コース

募集コースについては、次のアドレスを参照ください。

参加費用

会員会社社員の参加費用をJATAが負担します(集合場所までの交通費は実費負担)

申込方法

次のアドレスからお申し込みください。

なお、お申し込みのコースが満員の場合は、他のコースで参加していただくことになりますことをあらかじめご了解下さい。

締め切り

平成24年10月26日(金)

本プロジェクトの担当

お申し込み・お問合せは 総合企画部 米谷・杉原・布施・木村
Tel:03-3592-1271
t-sennin@jata-net.or.jp

コース内容等は 国内・訪日旅行推進部 興津・中尾・小宮・内山
Tel:03-3592-1276
t-sennin@jata-net.or.jp

このページの先頭へ戻る