現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2012年 > 日本山岳ガイド協会認定資格の補習並びに予習講習会開催について

TOPICS

日本山岳ガイド協会認定資格の補習並びに予習講習会開催について

2012年10月29日

当協会は、全国旅行業協会と共同で一昨年より(公社)日本山岳ガイド協会のツアー登山の認定講習会(日本国内の無雪期の登山道上におけるガイディング行為に限定した「登山ガイドI」の資格)を実施しております。
今年度も年明けに開催案内する予定ですが、ツアー登山を引率する者は、様々な機会に学び研鑽を続けることが必要です。
そこで、当協会並びに全国旅行業協会は、日本山岳ガイド協会の認定資格を取得した方を対象に補習講習、及びこれから取得しようとする方を対象とした予習講習の機会を下記の通り設けることになりました。
旅行会社による引率者のガイド技術向上とレベルアップを達成し、結果的にツアー登山の社会的評価を高めていければと考えております。
受講資格に留意の上、多くのツアー登山引率者に受講していただきますようご案内申し上げます。

1. 主催

(一社)日本旅行業協会
(社)全国旅行業協会

2. 協力

(公社)日本山岳ガイド協会

3. 開催日時

平成24年12月19日(水)〜20日(木)(1泊2日)

4. 講習会の受講資格について

次のいずれかに該当する者。

(1)補習講習会

日本山岳ガイド協会の認定資格を取得した者で(一社)日本旅行業協会又は(社)全国旅行業協会の正会員会社が推薦する者

(2)予習講習会

(一社)日本旅行業協会又は(社)全国旅行業協会の正会員会社に所属し、下記①の登山経験の要件を満たし、②③のいずれかである者。なお、今回の講習では問いませんが、認定資格講習を受講する場合は加えて④⑤のいずれかを満たす者になります。

  • ① 過去において通算100日以上の登山経験を有し、その内に通算30日以上のツアー登山引率経験を含む者。受講申込の際に、登山経験等をより詳細に書いた主要登山経歴(書式自由)の提出を要する。
  • ② 旅程管理研修の課程を修了した者(総合又は国内のいずれか)
  • ③ 総合旅行業務取扱管理者試験又は国内旅行業務取扱管理者試験のいずれかに合格した者(平成7年以前に合格した者)

(参考)

  • ④ 旅行業者又は旅行業者代理業者(以下「旅行業者等」という。)の業務に従事する者であって、旅行業者等がその旨を証明した者
  • ⑤ 現に旅行業者によって選任され、ツアー登山引率業務を反復継続しおこなっている者であって、旅行業者等がその旨を証明した者
  • ※ ①については旅行業者の証明、②③については修了証等のコピーが必要です。
  • ※ ①の登山経験等が、受講基準に満たないと主催者が判断した場合は受講できませんので、あらかじめご諒承ください。

5. 講習内容

6. 募集人員

20名

7. 受講料

無料

ただし、交通費(新宿から電車バス利用往復2,600円)、民宿宿泊代(7,350円)が必要。

  • ※ 講習に必要な装備品を所持していない場合、ハーネス、ロープ、カラビナ等購入費(マムートのご協力で、全部で約20,000円(割引価格))が必要です。申込者に別途ご案内いたします。

8. 受付

必要事項を記入のうえ、お申込ください。郵送のみの受付とさせていただきます。

(1)提出書類

  • <1>補習講習会
    • 受講申込書
  • <2>予習講習会
    • 受講申込書
    • 主要登山経歴書(書式自由)
    • 上記(3.講習会の受講資格について)の②③のいずれかで、それを証明する修了証又は合格証のコピー
  • <3>受講申込書記入上の注意点
    • 申込書タイトルの補習/予習 講習会申込書のところの補習/予習いずれかをマルしてください。
    • 補習の場合は、旅程管理研修修了番号または旅行業務取扱主任者試験合格番号の記入は不要です。証書コピーの添付も不要です。

(2)申込締切

平成24年11月30日(金)当日消印有効

(3)申込書送付先

(一社)日本旅行業協会 国内・訪日旅行推進部
〒100-0013 千代田区霞が関3-3-3 全日通霞が関ビル

  • ※ 封筒の表に赤字で「登山講習」と書いてください。

本件に関する問い合わせ先

(一社)日本旅行業協会 国内・訪日旅行推進部

このページの先頭へ戻る