現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2013年 > 平成24年度 日本赤十字社 救急員養成講習会開催のご案内

TOPICS

平成24年度 日本赤十字社 救急員養成講習会開催のご案内

2013年1月14日

昨今は地震や台風などによる自然・気象災害が多発しております。また、 シニア層の旅行者が増え、旅行中にけが人や急病人がでることもあり、医師や 救急隊員に渡すまでの救命・応急手当には、訓練は必須ではありませんが、実 践は難しいとされ、正しい知識や技術を身につけておけば必ず役に立つことで しょう。
救急法については、各地の消防署や日本赤十字社で実施しており、個人でも 受講できますが、特に東京で開催される日本赤十字社の講習は申込者多数で受 講できないケースもでています。
つきましては、日本赤十字社東京都支部の協力を得て、下記の通り救急員養 成講習を当協会研修室で実施いたします。
2011年12月に一部改正変更された講習の内容となりますので、以前受講され た方もあわせて、これを機会にぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。

 記

1.主 催
一般社団法人 日本旅行業協会
2.協 力
日本赤十字社 東京都支部
3.開催日時
平成25年3月1日(金)、2日(土)、3日(日)
各日とも 午前9時30分から午後5時30分まで
4.場 所
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-3
全日通霞が関ビル4階 日本旅行業協会(JATA)研修室PDF
5.内 容
連続講習会(基礎講習会+救急員養成講習会) 21時間
この講習会では、病気やけが、災害から自分自身を守り、赤十字の基本理念である人道(人間愛)に基づいて、けが人や急病人を正しく救助し、医師または救急隊員などに引き継ぐまでの救命の手当・応急の手当を行うための知識と技術を学びます。
【基礎講習会】
第1章 : 赤十字救急法について
第2章 : 一次救命処置
     ・心肺蘇生法について
     ・AEDを用いた除細動
     ・気道異物除法
【救急員養成講習会】
第1章 : 赤十字救急法救急員について
第2章 : 急病
第3章 : けが
第4章 : きずの手当
第5章 : 骨折の手当
第6章 : 搬送
第7章 : 救護
1)3日間連続して受講する講習会(合計21時間の講習)です。
2)最終日に学科と実技の検定があります。検定合格者には、後日、救急員認定証が交付されます。
 (基礎講習部分の検定(学科・実技)は初日に行ないます)
3)1日でも欠席・遅刻等をした場合、検定は受けられません。
6.参加金
7,000円
※一部は日本赤十字社への協力金となります
※後日(2月14日頃)、申込者に振込みのご案内を送付いたします。
 2月20日(水)までに参加金の振込をお願いします。
7.募集人員
35名(会場の都合上定員になり次第締め切ります。)
※先着順で受付ます。
※申込者が30名に達しない場合は中止することがあります。
8.受講資格
JATA会員
9.申込方法
下記アドレスよりお申込下さい。
https://www.jata-net.or.jp/web/fm/jrcs2012別ウインドウ
10.申込締切
平成25年2月13日(水)
11.集合時刻
各日とも09:25分までに集合してください

12.本件についてのご照会は、
JATA事務局 総合企画部 木村・齊藤 までご連絡ください。
電話:03-3592-1271 FAX:03-3592-1268
E-mail:somu@jata-net.or.jp

このページの先頭へ戻る