現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2013年 > 「2012年度メルコスール・ツーリズム・アワード」の開催運営協力

TOPICS

「2012年度メルコスール・ツーリズム・アワード」の開催運営協力
〜メルコスール地域国への海外商品企画・販売展開支援〜

2013年4月8日

JATA海外旅行推進部では、メルコスール観光局日本事務所(担当:池谷光代)と緊密に連携し、今年で6回目となる「メルコスール・ツーリズム・アワード」(年間大賞)の開催運営に協力いたしました。この取組みは、デスティネーション戦略展開の一環で、南米メルコスール地区(アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ)への日本人観光旅行促進策です。

「2012年度 メルコスール・ツーリズム・アワード」の概要および受賞者は下記のとおりです。

1.「2012年度 メルコスール・ツーリズム・アワード」の概要

メルコスール観光局日本事務所は、3月19日に東京にて、「メルコスール・ツーリズム・アワード」レセプションを開催し、2012年度「メルコスール・ツーリズム・アワード」の受賞旅行商品を発表しました。今年度は、38の応募旅行商品の中から6部門に分け2012年度の受賞旅行商品(アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ行き企画商品旅行)を選考し、旅行会社、担当ランドオペレーター、使用航空会社の三者を表彰しました。

新しい商品造成・販売の眼、一般旅行者の眼、現地手配を担当するランド・オペレーターの眼、そして4ヶ国の観光局の眼で、選考する委員会を昨年同様に設置し、受賞旅行商品の審査にあたりました。 メルコスール・ツーリズム・アワード委員会委員は、下記の3名およびアルゼンチン観光公社、ブラジル観光局、パラグアイ観光庁、ウルグアイ観光スポーツ省の日本担当の方々です。

メルコスール観光局 アドバイザー 池谷 光代
(一社)日本旅行業協会 旅博2013 営業企画部長 澤邊宏
(社)日本海外ツアーオペレーター協会 会長 大畑貴彦

2012年度の表彰は、6部門賞、8旅行商品です。受賞旅行商品は、下記リストの通りです。
ニューデスティネーション賞
エコツーリズム賞
ヤングツーリスト賞
ユニークツアー賞
メルコスールアワード賞
ベスト・セールス賞

「メルコスール・ツーリズム・アワード」は、商品造成・販売した旅行会社はじめ、仕入れ・手配・安全運航を担当したランド・オペレーター、そして、航空座席を提供した航空会社の三者を表彰します。これは、これら三者の相互協力なくして良質な商品が誕生しないことを認識しているからであり、また、三者とメルコスール観光局とのより緊密な連携が、メルコスール加盟国への観光促進の原動力となることを確信しております。

海外旅行推進部では、今後も、日本の海外旅行業界はもとより、南米各国の観光局並びに現地旅行業界と相互の協力関係を深め、南米への日本人観光需要の促進に努めてまいります。

2.「2012度 メルコスール・アワード」受賞リスト

★ニューデスティネーション賞
●ウルグアイのカーニバルとパラグアイとっておきの南米4カ国 11日間

受賞企画旅行会社 クラブツーリズム(株)
ランド・オペレーター グランツールジャパン(株)
航空会社 ユナイテッド航空
受賞理由 世界で一番長いカーニバルとして40日は間続く、ウルグアイのカーニバルに着目し、その中でも一番盛り上がりを見せる‘ジャマーダスパレード’をツアー化。 業界で初めて、モンテビデオで行われるカーニバルを取り上げ、パラグアイでは伝統工芸を見学したり、パラグアイで飲まれているお茶、テレレを体験するツアー等、日本人の好みに合わせて、今までツアーとして存在していない素材を現地オペレーターと協力し商品化するなど、新商品造成に力を入れた努力とまた販売が評価された。

★エコツーリズム賞
●レンソイスシリーズ 9コース

受賞企画旅行会社 (株)ユーラシア旅行社
ランド・オペレーター (株)HWT ・(株)トラベルファクトリージャパン
航空会社 デルタ航空・ユナイテッド航空・アメリカン航空
受賞理由 昨年は雨が少なかったため、湖の数が減少したにもかかわらず、販売にはそれほど影響を受けず昨年同様、良い販売成績を収めた。
また9コースすべてがレンソイスシリーズとして定着し、イグアス、アマゾン、北パンタナール、ボニート等のブラジルでエコツーリズムが楽しめるデスティネーションを含み、初めてブラジルを訪れる人、リピーター層等、様々なニーズに答えられるツアー作りも評価された。

★ヤングツーリスト賞
●羽田発着!南米の3つの絶景10日間

受賞企画旅行社 (株)HIS
ランド・オペレーター HIS サンパウロ
航空会社 全日本空輸、LATAM航空
受賞理由 全日空の羽田深夜発着を利用し、仕事帰りにもそのまま南米旅行ができるという商品つくり。羽田空港から、実質8日間で南米のハイライトを堪能出来るというアイデアと販売実績が評価された。

●カタール航空利用ブラジル、アルゼンチン周遊8日間モニターツアー

受賞企画旅行社 (株)阪急交通社 
ランド・オペレーター (株)コンドルトラベルジャパン
航空会社 カタール航空
受賞理由 サーチャージ込みで、30万円切るという値段設定や、8日間というコンパクトな日程でアルゼンチンとブラジルのハイライトを楽しめ、長い休暇が取りづらい若い世代にも購入しやすい日程と価格設定に企業努力が感じられた。また、販売目標の140%を上回る実績も評価された。

★ユニークツアー賞
●南米7つの神秘湖ナウエル・ウアピ国立公園とミナミセミクジラの故郷、世界遺産バルデス半島

受賞企画旅行社 (株)日本橋トラベラーズクラブ 
ランド・オペレーター コンドルトラベル(アルゼンチン)
航空会社 大韓航空、LATAM航空
受賞理由 パタゴニアの北部、バルデス半島でのホエールウォッチング、ペンギンの保護地区、パタゴニアの‘オールドパタゴニア号’の乗車、ロス アレルセス国立公園やアラジャネス国立公園、アルゼンチンからチリへ、たくさんの湖を何度も遊覧しながらアンデス越えツアー等、今までにないコンビネーションの発想と、氷河等のパタゴニア南部へ既に行ったことのある顧客にも、魅力ある日程でリピーターにアピールできる日程作り。あまりまだ知られていない土地に関わらず、販売実績等も好評だったことが評価された。

★メルコスール・アワード賞
●『LOOK JTB』 ブラジル&アルゼンチン・チリ・ウルグアイ』パンフレット

受賞企画旅行社 (株)JTBワールドバケーションズ
ランド・オペレーター ツニブラトラベル(株)・(株)HWT ・(株)アールスドリーム
航空会社 デルタ航空・ユナイテッド航空・アメリカン航空・エミレーツ航空・エールフランスKLM航空・カタール航空
受賞理由 メルコスールの国々が掲載されるパンフレットは、現状においては『南米』の括り、または『ペルー』に付随する場合が一般的。
『VIVA!ブラジル&アルゼンチン・チリ・ウルグアイ』パンフレットには、すべてのコースにメルコスールのいずれかのコースが含まれている。ページいっぱいに写真を大きく使用し、見る人へのアピール力の強さ、一冊すべてがメルコスールのデスティネーションがすべて含まれているなど、パンフレットにメルコスールへのデスティネーションを投資した努力、及び販売平均単価100万円を超える商品ラインアップにも関わらず、優秀な成績を収めたことが評価された。

★ベスト・セールス賞
●日本航空ビジネスクラス利用 羽田発着、南米世界遺産紀行12日間

受賞企画旅行社 (株)阪急交通社
ランド・オペレーター (株)コンドルトラベルジャパン
航空会社 日本航空、LATAM航空
受賞理由 太平洋路線は、日本航空のビジネスクラスを利用し、昨年に引き続き、今年も40万円代からという価格設定努力、販売も昨年の実績を大幅に超える2500名以上という素晴らしいヒット商品を作られた努力と販売力が評価された。

●2013年 客船 『飛鳥2』 世界一周クルーズ

受賞企画旅行社 郵船クルーズ(株)
ランド・オペレーター ツニブラトラベル(株)
受賞理由 客船‘飛鳥II’としては初めて南米世界一周を企画した。380万円から2500万円のクルーズ料金で550名の集客、イグアスオプショナルツアーでは、キャーターを用意し、お一人様、1泊2日で2620ドルという他社ツアーでは存在しない価格設定にもかかわらず350名の集客と成し遂げ、中にはパンタナールへのオプショナル6870ドルという料金設定でも、販売できる集客力、ラグジュアリー層をターゲットとした販売力が評価された。

このページの先頭へ戻る