現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2013年 > 海外で巻き込まれた事件・事故は、必ず現地オペレーターからの報告を

TOPICS

海外で巻き込まれた事件・事故は、必ず現地オペレーターからの報告を

2013年4月15日

このところ日本人が海外で事件・事故に巻き込まれるケースが多く発生しています。
先般、添乗員無しの海外視察ツアーにおいて、ショッピングに立ち寄った際、強盗事件に巻き込まれ、拳銃をつきつけられる事件が発生しました。すぐに解放され怪我や盗まれた物がなかったことから、現地警察や領事館に報告することなく帰国し、その後も現地オペレーターから旅行会社へ報告がありませんでした。事件は被害にあったお客様から帰国後のメールで発覚しました。

邦人保護に関わる情報提供の観点から、海外で起こった事件・事故について、現地の独断ではなく、必ず旅行企画・実施する旅行会社へ報告の上、十二分に内容を確認し、報告の要否を判断するよう徹底するとともに、緊急時の報告体制の強化をお願いいたします。

このページの先頭へ戻る