現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > TOPICS > 2014年 > 「ツーリズムEXPOジャパン2014でヒントを掴もう!」ツーリズムEXPOジャパン2014業界日(9/26)セミナー決定!

TOPICS

「ツーリズムEXPOジャパン2014でヒントを掴もう!」
ツーリズムEXPOジャパン2014業界日(9/26)セミナー決定!

2014年8月25日

すでにご承知のとおり、9月26日(金)よりツーリズムEXPOジャパン2014が開催されます。
9月26日は業界日で入場無料です。
新しい情報や豊富な素材を取り揃えておりますので奮ってご参加ください。

業界日のセミナーをご覧いただき、事前にお申込みください。
お申し込みはこちらから。

JATAツーリズムEXPOジャパン2014業界日(9/26)セミナーリスト

【ステージA】

11:30-13:00
定員:300名
地域自らが来訪者を集める、新しい観光まちづくり−集客の核として機能する日本版"DMO"とは−
観光を中心とした地域づくりは、観光マネジメントやマーケティング機能をどのように強化していくかが喫緊の課題となっています。世界的な先進地域で主流の考え方となっている、DMO(Destination Marketing/Management Organization)は、マーケティング&プロモーションやブランディングの他、クオリティコントロール(品質管理)・安全管理・資源管理等、観光地の維持・成長に向けたマネジメントを担う、一連の組織。このDMOの基本的な考え方が、今後の日本の観光まちづくり、地域づくりに多大な貢献をすると考えられ欧米先進諸国で観光集客の核として機能するDMOを参考にしながら、その日本での可能性を探ります。
講師:
基調講演 DMO推進機構代表理事、NPOグローバルキャンパス理事長 大社 充 氏
近畿大学経営学部教授 高橋 一夫 氏
DMO推進機構常務理事、イデアパートナーズ株式会社代表取締役 井手 修身 氏
事業構想大学院大学教授 中嶋 聞多 氏
13:30-16:00
定員:300名
ツアーコンダクター・オブ・ザ・イヤー2014表彰式
ツアーコンダクター職業フェア −プロフェッショナルが語る添乗の楽しさ・面白さ−(社団法人日本添乗サービス協会)

(1)「ツアーコンダクター・オブ・ザ・イヤー2014」表彰式
添乗を専門職とするツアーコンダクターの中で、昨年1年間で顕著な功績のあったツアーコンダクターの表彰式を行います。
(2)「ツアーコンダクター職業フェア」−プロフェッショナルが語る添乗の楽しさ・面白さ−
4名の現役添乗員が職業観、やり甲斐等を分かり易く話した後、会場に設置した「質問箱」寄せられた質問に応えます。
最後に全員参加で観光地や旅行についての○×クイズを実施し、勝ち残った人に豪華賞品を授与します!
16:30-17:45
定員:300名
ビッグデータ時代のツーリズムマーケティング −「新しい旅」のプロデュースを考える−
2000万人を目指す日本人アウトバウンド市場の活性化に向けて注目されるICTを活用した観光マーケティング。国内外の各種観光プロジェクトに携わってきたトラベル・プロデューサーの江藤誠晃が新しい着想によるツーリズムマーケティングで、デスティネーション開発や商品造成からSNSを活用した顧客アプローチまで業界各種セクターが抱える課題の解決策を提言します。
講師:
株式会社TQ、株式会社BUZZPORT江藤誠晃(トラベル・プロデューサー)

【ステージB】

11:30-13:00
定員:150名
海外卒業旅行コンテスト2014
学生が企画した海外卒業旅行商品を発表し、優秀作品を選出するコンテストです。
主催:
一般社団法人 日本旅行業協会
16:30-18:00
定員:150名
世界人口1/4、19億人ムスリム観光客を誘客、ハラール対応で集客・接遇のポイント教えます
19億人のイスラム市場をターゲットにムスリムマーケティングの重要性とイスラムとハラルについての基礎知識を講義します。また、今後の国内ハラル認証食品、ムスリム観光客対応を事例もとに解説します。
講師:
非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会 代表理事 佐久間朋宏
調査担当・コンサルタント 中川圭吾

【セミナールーム1】

11:00-13:30
定員:60名
モンゴルの観光発展と日本の旅行会社とのパートナーシップについて
14:00-15:30
定員:60名
「障害者差別解消法」とは−旅行会社のバリアフリー対応を考えよう−
「障害者差別解消法」が平成28年4月1日に施行されます。 どのようなことが不当な差別的取扱いになるのか。また、合理的な配慮とはどこまでを指すのか。 後半では、お客様が快適に旅行に出かけてもらうために、旅行業者として何が出来るのかをテーマに、日常業務でバリアフリー旅行にたずさわる方を講師にむかえ、実際の旅行業者の対応について、お話いただきます。
講師:
田中 穂積氏 JATAバリアフリー旅行部会 部会長
16:00-18:00
定員:60名
インクレディブル・インドセミナー
"Incredible India! 広大な土地と多くの人種のるつぼであるインドは、春夏秋冬、東西南北 非常にバラエティーに富んだデスティネーションです。 人気のデリー・アグラ・ジャイプールの他にもまだまだ知られていないすばらしい観光素材が盛りだくさん。 そんなインドの魅力を本年2月に着任した政府観光局・ゼンクプタ次長より、プロモーションを強化しているエリアを中心に解説いただきます。  合わせて高崎市のインド事業取り組みも紹介。 今年もたくさんの「だるま」とご対面できますよ!"
講師:
インド政府観光局 東アジア地区総局次長 ビデーシャ・セングプタ 氏

【セミナールーム2】

11:00-12:30
定員:40名
国内向け及び海外向けの効率的な郵便活用方法
国内向け郵便商品(ゆうパック、ゆうメール、タウンプラス等)及び海外向け郵便商品(EMS)の効率的かつメリットのある郵便利用をご提案します。
講師:
日本郵便株式会社 東京支社郵便事業本部 商品戦略担当課長 高橋 慎哉 氏
日本郵便株式会社 東京支社 東京広域国際郵便営業センター長 染谷 哲也 氏
13:00-14:30
定員:40名

[満席]
地方都市へ、外国人観光客を呼び込む−WEBやアプリを活用した地域の魅力と安心・安全のPR−
2020年東京オリンピックパラリンピックに向けて、東京に集まる国内外からのお客さまを周辺地方観光にもご案内したい。 また、直下型地震等にも備え、日本では、いつでも、どこでも安心・安全に観光ができることをPRしたい。
講師:
立教大学経済学部講師 兼(株)TOKYOSTAY代表取締役 鈴木 庸介 氏
15:00-16:30
定員:40名

[満席]
ショッピングツーリズムが拓く新たなインバウンド市場−免税制度改正をさらなるステップに−
「近年、急激に注目されているショッピング・ツーリズム。これまで観光業と距離感のあった商店街・大型小売店が新たな観光コンテンツに成長しつつある。訪日客数の伸びを大きく上回るショッピング消費額は、10月1日に迫った新しい免税制度のスタートにより、 ますます伸長することは間違い無い。ショッピング・ツーリズムの本質を理解することで、新しいインバウンド観光振興の きっかけにつなげる」・ショッピング・ツーリズムの本質と可能性・新しい免税制度がもたらすプラス効果 ・急拡大するジャパン・ショッピング・フェスティバルとは・全国に拡がるショッピング・ツーリズムの取り組み。
講師:
一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会
専務理事 事務局長 新津 研一 氏
17:00-18:30
定員:40名

[満席]
観光を元気にする「コミュニケーションデザイン」
人々を旅に誘うために、大切なことは何でしょうか。それは美しい風景や美味しい食の紹介だけでなく、 これまでにない新しい角度からその土地の魅力を伝えたり、そこに出かけて手に入れたくなる魅力的なお土産をつくったり するところにもあります。近年の観光ポスターコンクールの優秀作品の解説も含めて、観光を元気にする コミュニケーションデザインについてお話しします。
講師:
株式会社左合ひとみデザイン室 代表 左合 ひとみ 氏

【セミナールーム3】

11:00-12:30
定員:40名
風化してゆく象徴的事故の現実と観光の力
旅行業界において、海外・国内で事件・事故が発生した際の処理対応は研究されて久しい。 しかしながら、マスコミで大きく取り上げられた直後は各社とも対応研究を行うが、時間の経過とともに 悲惨な事故の現実は国民の意識から薄れ、それと同時に旅行会社においてはせっかく築いた事故対策組織と ノウハウも風化してゆくという現実がある。今回のセミナーは、航空機事故という表面的な悲惨さのみならず、 事故発生の本質に迫り、旅行業界の皆様とともに「旅の安心・安全」を真剣に考えるセミナーにしたいと考えています。 皆様、ふるってご参加ください。
主催:
東京海上日動火災保険株式会社
講師:
東洋大学(国際地域学部国際観光学科)准教授 島川 崇  氏
13:00-14:30
定員:40名

[満席]
「ASEANからの訪日客とムスリムの受け入れ」−今後の大きな市場の基本を学びましょう−
昨今、ビザ要件の緩和や中間層の拡大に伴い、インドネシアやマレーシア等ムスリム人口の多いASEAN諸国からの 訪日客が急増しています。それに伴い、ムスリム訪日客受け入れに関心が高まっています。本セミナーでは、 長年、業務でASEAN諸国のムスリムの受け入れや、ASEANを訪問した経験を基に、ASEANからの訪日客全般とムスリム 受け入れに関して分かりやすくお話しします。まずは、基本を知ることが第一歩です。
講師:
国際機関日本アセアンセンター 観光交流部長代理 神田 瑞穂 氏
15:00-16:30
定員:40名

[満席]
ミャンマーセミナー最新現地事情(視察団報告会)
経済発展、欧米そして日本からの投資進出の著しい「ミャンマー」は、観光においても近隣東南アジアにおける「未開の国」として注目されています。 8月26日より4泊6日で開催された現地視察団参加メンバーより、最新の現地事情や、新設のホテル状況などをプレゼンします。 合わせてJATAと共同企画をした「国際機関・日本アセアンセンター」観光交流部の担当より、同国の概要、またランドオペレーターのAPEXインターナショナルより手配関連情報など盛りだくさんの内容です。
講師:
視察団参加メンバー
17:00-17:45
定員:40名
モルディブ大使館 観光と環境に関するセミナー
モルディブセミナーでは近年、地球温暖化による環境への影響がクローズアップされている環境問題について観光業としての取り組みについてご紹介します。水面の上昇によるビーチや敷地の消滅、水温の上昇による珊瑚の白化、珊瑚礁の壊滅的なダメージ等、観光産業においても特にビーチリゾートは死活問題となっております。観光業として、低炭素社会を目指したモルディブに於ける環境への取り組みをご紹介いたします。
講師:
モルディブ共和国大使館 副島 一弘 氏
17:45-18:30
定員:40名
「世界複合遺産」と新しいパラオの魅力
パラオの南西部に位置する「南ラグーンのロックアイランド郡」は2012年に世界複合遺産に登録され、自然・文化の普遍的価値が認められました。ダイビングとして人気は知られたところですが、イルカや珊瑚などの生態系の保護や環境教育の学ぶことができるエコツーリズムの観点でも多彩な教材を有するデスティネーションになっています。またぺリリュー島やカープ島などに残る戦跡は平和教育の題材として、教育旅行も増えきております。さらに海外ウェディングの商品開発も進められ、最新のパラオの様々な魅力を紹介します。なおパラオは今年10月に独立20周年を迎えます。
講師:
パラオ政府観光局 日本代表 芝村 剛 氏

【セミナールーム4】

11:30-13:30
定員:45名

[満席]
魅力的なタイ・マイスシティー
パタヤ市長も来日され、リゾートとしてのMICEの魅力をアピールいただくと共に、 バンコク市からも参加いただく予定です。その他、エーペックスインターナショナル(株)や 主要ホテルのプレゼンもございます。是非この機会にご参加いただけますよう宜しくお願いいたします。
また、当日は皆様にタイ料理のランチをお楽しみいただくと共に、ラッキードローも企画しております。
講師:
タイ国政府コンベンション&エキシビション・ビューロー本部 国内担当シニアマネージャー
14:00-16:00
定員:60名
UNWTOシルクロードセミナー シルクロードにおけるカルチュラル・ツーリズムの成長と日本のアウトバウンド市場における機会
UNWTOとJATA、APTECは、シルクロードのカルチュラル・ツーリズムがもたらす 日本のアウトバンド市場を魅了するための創造の機会に焦点を当てた特別セミナーです。 国際的に高い評価う受けている旅番組グローブ・トレッカーからホリー・モリスさんや シルクロードのカルチュラル・アコモデーションについて、香港で著名なピーター・ウォンさんなど、 素晴らしいプレゼンテーションをお楽しみください。
講師:
グローブ・トレッカー(Globe Trekker) ホリー・モリス 氏
16:30-18:00
定員:60名
環境省の挑戦−国立公園、潮風トレイル、佐渡島トキの最新情報を知り、自然環境を活用した旅行商品を作ろう−
中部山岳、瀬戸内海、阿蘇くじゅう等、八箇所の日本の宝が初の国立公園に指定されて今年で80周年です。 環境省はその自然を保護し、観光等の利用を進めることで、地域活性化にも貢献することを目指しています。 国立公園の現状と方向性、東北の復興のために動き出した長距離歩道「みちのく潮風トレイル」の今、一度姿を消し、 ベビーラッシュを迎える佐渡島のトキの話題も交えて旅行商品造成のための有益なトピックスを提供します。
講師:
環境省国立公園課 長田 啓 氏

【セミナールーム6】

11:00-12:00
定員:40名
神社仏閣だけでない新しい京都の魅力、再発見!−新しい目線で「海の京都」を商品化しませんか−
京都府北部地域「海の京都」は、海から伝わった大陸文化の影響もあり、古代に日本における有数の先進地として栄え、 数々の国生み神話や伝説が残り、いくつもの歌が平安貴族によって詠まれた地域で、その遺伝子は今でも人々の生活や 風習の中に脈々と受け継がれております。去る7月20日の舞鶴若狭自動車道の全開通に続き、来年の春には京都縦貫自動 車道が全開通しアクセスの利便性も向上するほか、地元食材を使った贅沢なランチなどが楽しめるダイニング列車 (丹後くろまつ号)も運行しています。
講師:
京都府副知事(海の京都観光推進協議会副会長) 岡西 康博 氏
12:30-15:30
定員:40名

[満席]
苦情対応セミナーINツーリズムEXPOジャパン2014
例年実施している「旅行会社のためのクレーム対応マニュアル たびクレ」を使用した 初心者用苦情対応セミナーをツーリズムEXPOジャパン会場で実施いたします。 苦情対応の基本を勉強したい会員の方々にお勧めします。
主催:
一般社団法人日本旅行業協会 消費者相談室
17:00-18:00
定員:40名

[満席]
旅行業を取巻く環境変化に対応しよう−国内旅行商品造成におけるLCCの活用方法を学ぶ−
LCC(ジェットスターグループ)と旅行会社が今後どのように協業しまた互いに発展していけるのか、 またその可能性をお話しさせていただければと思います。
講師:
ジェットスターグループ 日本支社長

【セミナールーム7】

11:00-12:30
定員:60名
「クールジャパン」をあなたの声で紹介しませんか。
−目指せ、通訳案内士!こんな素敵な仕事です−

2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで6年をきり、ますます注目されてきた「通訳案内士」。キッシンジャー夫人、サウジアラビア財務大臣、ショルツ元大統領補佐官等のVIP高官ガイド、外国企業役員・VIPアテンド、教育研修ツアー、金融セミナースタッフ・ガイド、大手機械、自動車、 IT機器製造会社ディーラーツアー等、20数年の経験を有す講師による、現場での数々のエピソードを踏まえながらのトークです。通訳案内士の活躍するインバウンドの最前線、現場を体感できる90分。通訳ガイドはコミュニケーションの達人です。国際ビジネスシーンで成功するヒントにもなるセミナーです。
講師:
NPO法人通訳ガイド&コミュニケーション・スキル研究会(GICSS研究会) 副理事長 松岡 明子 氏
14:00-15:30
定員:60名

[満席]
新しい旅行ビジネスモデルを考える!−JATA会員会社、若年社員によるプレゼンテーション−
20・30代を中心に立場や専門性が全く違うJATA会員会社社員がチームとなって 2014年5月よりワークショップを重ねてきました。ワークショップでは現場観察とお客様との共感を繰り返し、 チーム力で新ビジネスを生み出すデザイン思考を経験し、その経緯の中で考えたビジネス・モデルを発表します。
講師:
ファシリテーター 一般社団法人デザイン思考研究所 代表理事兼所長 柏野 尊徳 氏
16:00-18:00
定員:60名
スポーツツーリズムを通じた地域活性
スポーツツーリズム推進による地域活性化を先進取組事例をもとに紹介します。
講師:
九州観光推進機構 企画部次長 杉島 宰治 氏
北海道ゴルフ観光協会 代表幹事 高橋 尚子 氏

このページの先頭へ戻る