現在地:JATAホーム > 会員・旅行業のみなさまへ > セミナー・研修 > 添乗業務レベルアップ研修 > 平成25年度「添乗業務レベルアップ研修」のご案内

平成25年度「添乗業務レベルアップ研修」のご案内

2014年1月15日

旅行業者は、企画旅行を実施する場合において、宿泊や運送機関等サービスの確実な提供、旅行に関する計画の変更を必要とする事由が生じた場合における代替サービスの手配その他の企画旅行の円滑な実施を確保するための措置を講じなければならないことはご承知のとおりです。
更に企画旅行に添乗員が同行する場合、お客様からは、旅行の円滑な実施の確保に加え、付加価値のある旅行が求められているものと考えられます。
当協会では、添乗業務の基本動作を見直すことで、付加価値のある企画旅行とは何かを改めて考え、添乗員として求められる知識と技能向上を図り、お客様の要望により高いレベルで対応出来る添乗員の養成を目指し、『添乗業務レベルアップ研修』を(社)日本添乗サービス協会との共同開催にて、東京・大阪の2会場で実施致します。
添乗業務に携わる皆様が多数ご参加いただきますようお願い申し上げます。

1.対象

「総合(国内・海外)旅程管理研修修了者(平成7年までの一般旅行業務取扱主任者取得者含)」で、旅行業者又は旅行業者代理業者に所属する方

2.会場/実施時期

1.東京会場:平成26年2月28日(金)〜3月1日(土)
(一社)日本旅行業協会 4階研修室PDF
2.大阪会場:平成26年2月20日(木)〜2月21日(金)
エル おおさか(大阪府立労働センター)PDF

3.講義内容

第1日目(6時間) (一社)日本添乗サービス協会 講師担当

『ヒューマンエラー研修「ヒューマンエラートラブル防止法」』

<東京会場>10:00 〜 12:00 ※(2時間)
<大阪会場>14:00 〜 16:00 ※(2時間)

『コミュニケーションスキル研修添乗員向け「お客様の心を動かす話し方」』

<東京会場>13:00 〜 16:00 ※(3時間)
<大阪会場>10:00 〜 13:00 ※(3時間)

※第1日目は東京会場と大阪会場で各カリキュラムの開始時間が異なりますのでご注意下さい。

第2日目『添乗業務の再確認とトラブル対応』(一社)日本旅行業協会 講師担当

09:30〜17:00(昼休み1時間)(6時間30分)

「添乗業務の再確認とトラブル対応」

日本出発から帰国までの海外添乗業務を分析し、添乗業務の再確認と添乗業務中に発生苦情やトラブル事例を旅行業約款等の解釈を含め、どのように対応すべきかについて講師とともに掘り下げ、全員のレベルアップを図ります。

  1. 日本出発から現地到着まで
    集合・受付・搭乗手続・再集合・出国・搭乗・機内にて
  2. 外国入国からホテルのチェックインまで
    到着時・入国・税関・出迎え・トランスファー・ホテルチェックイン
  3. 滞在中の業務
    情報提供・食事・観光・自由行動・ショッピング・都市間移動
  4. ホテルチェックアウトから外国出国まで
    ホテルチェックアウト・トランスファー・搭乗手続・出国
  5. 日本帰国
    機内・入国・通関・報告と精算

4.講師(予定)

第1日目

『ヒューマンエラー研修「ヒューマンエラートラブル防止法」』

  • 山田 光男 氏(東京午前・大阪午後)

第1日目

『コミュニケーションスキル研修添乗員向け「お客様の心を動かす話し方」』

  • 山本 衣奈子 氏(東京午後)/川崎 ゆかり 氏(大阪午前)

第2日目

『添乗業務の再確認とトラブル対応』

  • 浦和 愛子 氏(東京)/山本 幸正 氏(大阪)((一社)日本旅行業協会 登録講師)

5.受講料:下記からの選択受講となります

第1日目 『ヒューマンエラー研修「ヒューマンエラートラブル防止法」』 1,500円
『コミュニケーションスキル研修添乗員向け「お客様の心を動かす話し方」』 1,500円
第2日目 『添乗業務の再確認とトラブル対応』 4,000円

6.研修参加申込方法

別紙「参加通知書」(下記よりプリントアウトしてください。)に必要事項をご記入の上、(一社)日本旅行業協会研修・試験部(FAX:03-3592-1268)宛にお送りください。

なお、参加受付の順は申込いただいた順とし、当方から受付確認書をFAX又はeメールにてご連絡いたします。研修実施1週間前までに参加費入金等についてご案内いたします。

7.申し込み締め切り

1.東京会場
:平成26年 2月21日(金)
2.大阪会場
:平成26年 2月14日(金)

本件の問い合わせ先

研修・試験部(担当:原田、田中)
Get Adobe Reader
説明資料のPDFファイルを開くには、Adobe社のAdobe Reader別ウインドウ が必要です。左記へリンクをしていただきますと、無償ダウンロードができます。

このページの先頭へ戻る