美しい街道・道20選

プリトヴィツェ湖群国立公園
プリトヴィツェ湖群国立公園 © Croatian National Tourist Board / Davor Rostuhar

エメラルド街道

  • 国名:クロアチア、ボスニア

概要

「エメラルド色」をキーワードに、クロアチアとボスニアにある3つの国立公園を巡るルート。 人気の「プリトヴィツェ湖群国立公園」から、日本ではまだ知名度が低く穴場的なボスニアの「ウナ国立公園」、17もの小さな滝が美しく連なり、デトックス効果も期待できる「クルカ国立公園」まで、エメラルド色の水面とマイナスイオンたっぷりのルートである。

推薦理由

「エメラルド色」の湖で有名な、クロアチアのプリトヴィツェ湖群国立公園に始まる、3つの国立公園を巡るルート。プリトヴィツェ湖群国立公園の中をゆっくり散策した後は、国境を越えてボスニアのウナ川を抱く町ビハチへと移動する。

ビハチでは川沿いの可愛いらしいカフェに立ち寄り、エメラルド色の水面を眺めながら、ゆったりとした時の流れを感じてみたい。小さな滝が美しい、手つかずの自然が残るウナ国立公園では、広大な自然を満喫。ここは、日本ではまだあまり知られていない穴場スポットでもある。

その後、再びクロアチアに戻り、最後にクルカ国立公園を訪れる。この国立公園は、17もの小さな滝が数段になる景観が見どころで、エメラルド色の水が白くなって勢いよく流れ落ちるその光景は、言葉を失うほど迫力があり、またデトックス効果も抜群である。特に冬は水量が増え、より美しい滝が見られる。

街道の画像集

*** 画像素材に関しては、駐日クロアチア大使館もしくはクロアチア政府観光局本局まで直接お問い合わせください ***
 
周辺の地図
地図
地域資源の視点
街道・絶景
見たままが美しい

地域色豊かな食文化
N/A

花畑
花の名称:N/A
美しい村もしくは主要都市からのアクセス
美しい村に選ばれた村の名称:N/A
日本人に人気のある主要都市:プリトヴィツェ湖群国立公園(バスで片道:0分所要)
駐車場の有無:YES
駐車場から目的地までの徒歩時間:N/A
企画視点
お勧めの撮影スポット:YES
ベストシーズン:春(○) 夏(◎) 秋(◎) 冬(△ )
※クルカは冬水量が増え見応え有り
トイレ・カフェ(目的地の徒歩圏):YES(カフェは要調査)
2〜3時間程度の自由行動:YES
お勧めスポット:各公園内、ビハチ
地元の観光客への受け入れ:どちらともいえない
参考ページ
幻想的な雪景色に出会う旅(オフシーズン企画ヒント)